かぜのねのヨガの特徴

かぜのねのヨガの特徴

あなたの内側からの深いリラックスのために。

ゆいセラピーかぜのねのヨガの特徴をお伝えします。

かぜのねでは、からだとこころをリラックスさせ、からだとこころのつながりを回復させるお手伝いをしています。

 

かぜのねのヨガは、ヨガの流派のひとつであるリストラティブヨガの方法を取り入れています。からだを癒すことで、こころを含めた全身をリラックスさせることを目指しているためです。

リストラティブヨガは、海外でも注目されており、特にセラピーやストレス解消のために効果的なヨガとされています。

リストラティブヨガでは、ポーズを無理なく取るために、ブロックなど複数の道具を必要に応じて利用します。

道具を用いて、からだの余分な緊張を取り除き、全身のバランスを整えることができます。

 

 

リストラティブヨガでは、ポーズを自分の力だけで取ろうとするのではなく、あえて道具に身をゆだねることで、深いリラックス状態を作り出し、からだとこころを穏やかに、その回復を促していきます。

また、自然な呼吸に集中しながら、ご自分の内面を丁寧に見つめることができます。

忙しい日常生活のなかで静かに自分と向き合う時間を過ごすために、とても有効な方法といえます。

さらに、年齢や体力、ヨガの経験を問わず、どなたでも、無理なく取り組むことができます。

ご自分の内面から来る心地よさを、じっくりと味わっていただけます。

 

こうした効果的なヨガを、お一人お一人に最適な形でお伝えしたいと思っています。

お一人お一人こころが違うように、からだも違います。

あなたのこころも、からだも、同じものは決してありません。そのため、Aさんにとって有効なポーズが、Bさんにとって有効だとは限らないのです。

お一人お一人に必要なヨガは、当然異なってきます。

そこで、あなただけに合った内容のレッスンをマンツーマンでご指導しているのです。

 

ヨガの歴史から考えても、もともとヨガはプライベートレッスンだったのです。

ヨガの歴史は古く、約5000年以上も前の古代インダス文明で、すでにヨガが行われていたとされています。

そうした古代のヨガは、現在のように、普通の暮らしの中で行われるものではありませんでした。世間から離れた、特別な修行用の環境で行われるものだったのです。

 

現代になって、ヨガが一般の人々の健康増進などに有効だということが科学的な研究によって確かめられるようになりました。

そこでやっと今のように、誰でもヨガを練習することができる状況になりました。そこで効率よくヨガを伝えるために、グループでのレッスンが考え出されたのです。

ですのでヨガは、伝統的には、師匠と弟子、一対一の関係のなかで、教えられ、伝えられるものだったのです。

 


現在の様々な目的の新たしいヨガが生まれているなかで、かぜのねでは、もともとの伝統的なヨガの教えに立ち戻り、マンツーマンでの、今のあなたに合った、あなたにとって必要なヨガを行う場をご提供したいと考えています。

 

毎回レッスン前に、その日の体調や気分、気を付けてほしいこと、などをお聞きして、その日のあなたにとってベストな内容になるように、ポーズを決めていきます。全く同じ内容になることはありません。

 

インストラクター以外は、自分だけのスペースですから、他の人の目を気にする必要はありません。

他の人と自分を比べる必要もありません。

自分のことだけに集中することができます。

だからこそ、今の自分にとって本当に必要な深い癒しが得られます。

 

あなたのヨガは、他の人には出来ません。

あなただけが、あなたのヨガを行うことができるのですから。

 

<前のブログ      次のブログ>