「もう年だから」は、ありません。

「もう年だから」はありません。

何歳までヨガを始められますか?

 

こんにちは、ゆいセラピーかぜのねです。

新しいことを始めるのに、年齢が引っかかってしまい、どうしても踏み出せないことってありますよね。

 

かぜのねでの、ヨガ、セラピー、カウンセリングに関しては、年齢は関係ありません。

時間のかかる心理療法のなかには、年齢を重ねた方を敬遠する流派もあります。

でも、ここでは大丈夫です。

幾つになっても始められます。

 

例えば、私の母のことです。

68歳でセラピー的なヨガを始めました。

 

その1年位前に、転んで膝を骨折してしまい、そのリハビリも兼ねてやり始めたのです。

(というか、わたしが無理矢理やらせた)

 

最初は、普通に真っ直ぐ立って前屈しても、手が膝のところまでしか届きませんでした。

マンツーマンで教え、自分でも少しずつ練習していました。

(本人はブツブツ言いながら)

と言っても、いつもの練習は多くて1日20分くらいです。

出来る範囲で、無理なく、ゆっくりゆっくり。

 

数ヶ月過ぎた頃、いきなり「見て!出来た!」と、母。

何事か?と見てみると。

軽く前屈してみたら、手のひらが半分床に着くようになった!!

 

「出来た~」喜ぶ母。

ああ、幾つになっても、出来なかったことが出来るようになるって本当に嬉しいことなんだなー。

と、私も嬉しくなりました。

 

もちろん、セラピー的なヨガですから、からだを激しくうごかしたり、

よくあるヨガのイメージのような、アクロバティックなポーズは一切やりません。

 

そうする必要も全くありません。

そもそも、そんなポーズが出来なくても、ヨガの恩恵は充分に受けることができます。

 

年齢を重ねると、体の関節が固まってきてしまい、うまくストレッチしづらいことは事実です。

でも。最初は思うように動かなくても、大丈夫。

少しずつ、動かせる範囲で動かしていくと、だんだん動ける範囲が広くなっていきます。

 

年齢を重ねていても、出来ることはたくさんあります。

長い間、使ってきた自分のからだですから、しっかり向き合っていくと、必ず良い変化は起こってきます。

 

「年齢を重ねたからこそ、自分の内面と深く向き合うことができる。

その年齢ならではのヨガがある。」

 

ヨガの教えですが、

母を見て、本当にそうだと思いました。

 

わたし自身も、年齢を重ねて、ヨガのやり方も少しずつ変わってきました。

それもまた、ヨガの楽しみのひとつ。

 

年齢を重ねたからこそ、味わえる感覚もあります。

なにより、からだに負担をかけることなく、調子を整えていくことができます。

年齢を理由にしてしまうのは、大切なじぶんのために、本当にもったいないことです!

遅すぎることはありません。

 

<前のブログ      次のブログ>

 

新宿・神楽坂のヨガ・カウンセリングなら、女性専用ゆいセラピー かぜのねへ。

最近もやもやする、自己肯定感を高めたい、仕事のストレスを改善したい、本当の自分を知りたいなど、

あなたの悩みをお聞かせください。

心と体の両面から改善していきます。