· 

臨床動作法とは?

臨床動作法とは?

手軽だけど効果抜群 自分でできるストレス解消法

こんにちは、ゆいセラピーかぜのねです。

 

今日は、いつでも、どこでも、自分ひとりでできるストレスマネジメント法のひとつ、

臨床動作法についてご紹介します。

 

難しそうな名前ですが、やり方はとっても簡単!

実際に肩や腕などを動かしてやる方法で、

動きもシンプルなので、すぐ覚えられて、自分ひとりで、いつでもやれるようになります。

 

わたしは、「はじめのセッション」で、ほとんどの方に体験していただいてます。

 

臨床動作法とは、日本発の心理療法のひとつです。

九州大学名誉教授の成瀬 悟策先生によって考案されました。

 

成瀬先生の著作「リラクセーション」(ブルーバックス)をちょっと、見てみましょ。

 「ふだんの生活で私たちは、ストレスの種類や程度に応じて、

そのつどからだの緊張や構え、態度などを変化させながら、

それなりに対応・処理して、ストレスを変性・解消しています。

ところが、この処理は必ずしもうまくできるとは限りません。」

 

そうなんです。

 

私たちのからだは、日々、こうしてストレスに対応してくれているのです。

からだには、からだなりの知恵があって、

普段自分では、ほとんど意識しないで、からだが勝手に習慣的に自動的にやってくれているんです。

 

そのため自分でも気付かないうちに、

こころがうまく処理できなかったストレスを、

からだが代わりに処理してくれています。

 

それが、からだのほうでもうまくいかないと、

今度はからだの緊張として、さまざまな部分に溜まってしまい、

その結果、肩や腰の痛みやコリ、からだの不調として出てきてしまう、ということ。

 

つまり

 

緊張しすぎてしまったからだ

イコール

こころの緊張、ストレス

 

ということ。

 

そのからだの緊張を、からだをゆるめる動きを使って解消していく。

それが臨床動作法なのです。

 

からだの緊張を取り除く

イコール

こころの緊張、ストレスを取り除く

 

とも言えます。

 

生きているからだを使って、こころのストレスを改善し、

からだの動きを良くすることで、心理的な問題を改善していこうとするものです。

 

もともとは脳性まひのお子さんのためのセラピーとして生まれたのですが、

今では、赤ちゃんから高齢者の方まで幅広く行われています。

 

また、うつ状態、不安神経症、不定愁訴、気管支喘息、慢性緊張、アトピー性皮膚炎などなど、

さまざまな症状の改善に効果があるという事例があります。

 

実際どうやるか、というと。

 

肩を挙げる。腕を挙げる。腰を曲げる。

など、たくさんの課題動作と呼ばれるものがあり、そのなかから、いくつか選んで練習していきます。

 

それだけ?と簡単!

 

と思えますよね。

 

ところが、実際はこれがなかなか難しいんですよ。

実際のやり方は、字数の関係で、次のブログでお伝えします。

 

臨床動作法の最大の特徴は、一度自分のからだで覚えてしまえば、いつでも、どこでも、自分で出来ること。

 

セッションでご一緒にやりますが、その後ご自宅でも、

「あ、この感じ」でやれば、セッション後の良い状態を再現することができます。

 

お勧めは、寝る前にやること。

特に睡眠に問題がある方はぜひ。

 

ご興味を持たれた方は、成瀬先生の「リラクセーション」をぜひお読みになってみてください。

この本は、一般の方を対象に、動作法を自分でやれるように、とても分かりやすくやり方が書いてあります。

 

読むだけでも、ストレスへの見方が変わってくるかもしれません。

難しいプロセスは全くありません。

 

<前のブログ      次のブログ>