カウンセリングで大切にしていること

カウンセリングで大切にしていること

「こころのなかで起こることに、無駄なものは何もない」

こんにちは、ゆいセラピーかぜのねです。

今日は、いつも私が、どんなことを考えながらカウンセリングをやっているのか、お話しようと思ってます。

カウンセラーの人間観みたいなものにご興味を持たれた方は、ぜひ。

 

ところで、最近、大声で笑ったことはありますか?

気の済むまで泣いて悲しんだことは?

 

日常生活では、自分の感情を素直に表現することはとても難しいことかもしれませんね。

こんなことを言ったら相手にどう思われるかな?

わたしがおかしいと思われるかも?

相手を傷つけてしまうかも?

とあれこれ気になって、

自分が本当に言いたかったことが言えなかった経験って、誰にでもありますよね。

 

それに、忙しくしていると、自分の気持ちを誰かに表現するどころか、

自分が今どんな気持ちでいるのか?

自分のことなのに、自分でもいちいち感じることなく過ごしてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

私のカウンセリングでは、

「今、ここ」で、あなたのなかに湧いてくる色々な気持ちに注意を向けること。

そしてその気持ちが刻々と変化していく様子をご一緒に味わうことを大切にしています。 

 

時には、自分でも気付かなかったネガティブな感情、怒りや悲しみ、妬みなどに驚き、

自分のことが嫌になることもあるかもしれません。

私自身も、実は同じです。

 

それでも、これはとても大切なことなんです。

 

あるカウンセリングの先生から頂いた言葉があります。

「こころのなかで起こることに、無駄なものは何もない」

 

自分でも認めたくないほど嫌な感情でも、

そういう気持ちが起こることには、何か、必ず意味があります。

そういう気持ちは、本当のあなたにつながるための、メッセージを送っているのかもしれません。

 

また、こころもからだも、刻一刻と変化しています。

 

どんなに強い感情でも、丁寧に見つめていくと、やがては薄らぎ、過ぎ去っていくものです。

だから、大丈夫。

 

からだの痛みさえも、一瞬一瞬変化しています。

次の瞬間も、全く同じ痛みが続くことはありません。

 

自分のなかで、変わっていくものと、変わらないものを見つめる。

もしかして、変わらないと思っていたがものが、実は変わっていくものだったと気づくこともあるかもしれません。

 

自分の考え方だって、感じ方だって、意見だって、変わっていくものですし、変わっていいのです。

「わたしは本当のところ、どう思っているのだろう?」

とても大切な問いかけです。

 

自分のありのままの気持ち。

言葉では表現できない直感など。

 

そういう自分の内側からの声に蓋をしてしまうのではなく、

自分自身を尊重しながら、セッションの関係を借りて、時には表現してみては?

 

あなたが語ることについて、一切批判はしません。

語られるどんなことも、大切な意味があるからです。

 

日常の人間関係を離れた、セッションの1対1の、非日常の関係の中で、

あなたが自由に語り、素のままのあなたでいる時間を共有できたら嬉しいです。

そういう時間は、わたし自身にとっても、

素のままのわたしが確かにいる、と実感できる貴重な時間になっているのです。

 

 

<前のブログ      次のブログ>