· 

こころに効くヨガ

こころに効くヨガ

ヨガは心の健康法

ヨガとカウンセリング?

なぜ一緒にするの?

と、疑問に思われる方も多いと思います。

ヨガには心の健康法ともいえる役割があることをお伝えします。

 

現代、一般的にヨガは、フィットネスの一種と思われがちですが、本来の伝統的なヨガは、心の健康を保つためのメソッドだったのです。

人が生きていくうえで、避けられない災害、事故、ハプニング。病気、怪我、老化。社会の変化、他の人との関わりなど。

そうした多様な変化に惑わされることなく、自分を失わずにいるための方法のひとつだったのです。

どんな環境でも、自分でいる強さを得るために、まずは体を整えることから始めた、というのが、現代広く行われているヨガ、ハタヨガのルーツなのです。

こころをしなやかに、強くするために、からだをしなやかに、強くしていく。

からだを通して、こころを見つめていく。

それがヨガです。

 

しかし、今の多くのヨガレッスンでは、残念なことに、ポーズの指導が熱心に行われ、ヨガの心理的な効果が軽視されがちです。

それもあってか、「体が硬いからヨガはできない」「先生のようにポーズを取れなくてはいけない」と誤解され、ヨガを敬遠する方がたくさんいらっしゃいます。

また、ヨガは宗教といったイメージを持たれる方も。かぜのねでお伝えするヨガは、宗教とは一切関係ありません。

いつも残念に感じています。

 


 

かぜのねのヨガでは、ポーズが出来るかどうか、ということより、ポーズを取っている過程が何より大切なのです。

呼吸がどんな状態になっているのか、ゆっくり伸びていく感じ、しっかり踏みしめる感じ、全体に広がっていく感じ。

そうした刻々と変わっていく自分のからだの感覚に、ただただ意識を向けて、丁寧に見守っていく。

それが大切なのです。

 

最近では、科学的な研究も行われており、厚生労働省においても、心理療法としてのヨガが有効である、との見解が示されています。

 

こころの病というほどでなくても、日々の生活で、なぜか気分が沈んでしまったり、やる気が出なくなってしまったり、そうしたことは、誰でも経験します。

そんな時こそ、ヨガをお勧めします。

 

私はセラピストとして、いつも、いろいろな方のお話を伺います。

なかには、とても深刻な状況に苦しんでいる方も。時には、私自身も、とても精神的に疲れてしまうこともあります。

そんな時に、ヨガはいつも支えになってくれます。

今の自分のからだの状態、変わっていく感じを内観し、ゆっくり呼吸していると、自分のなかで、改めて「自分である」という感覚が生まれてきます。すると、からだの深いところから、新しいエネルギーを感じ、疲れが取れ、気持ちが落ち着いてきます。

そうしてリフレッシュし、次のセッションに臨んでいるのです。

私の方が気持ちをきちんと整えていないと、他の方のお役に立つことはできません。

 

ヨガが私の支えになっているように、あなたにとっても、きっとお役に立つものと、信じています。

 

 

<前のブログ      次のブログ>