人間関係が苦手な方のためのセラピー

人間関係が苦手な方のためのセラピー

なるべく自力で何とかしたい、という方に。

 

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

今日は、現在困っている不調や不快感を改善していく方法として、

あまた有効な方法がたくさんあるなかで、

なぜカウンセリング、ボディワーク、ヨーガセラピーなのか、ということについて、お伝えしたいと思います。

 

最大の理由。

どれも一度じっくり経験して自分のものにしてしまうと、

セラピストに頼らずに、あなたが自分でできるようになるから。

 

わたしは、とにかく子供の頃から人間関係が苦手。

人付き合いが嫌い。

本質的に薄情だしね。

 

だからなるべく、人に頼らず、自力で、いろいろな問題を解決するにはどうすればいいのか?

と、試行錯誤。

もちろん、今は大人だから、人に頼らなくてないけない場面もあることは理解してます。

そういう、どうにもならないことを除いては、可能な限り、自分で解決したい!

そうすると、自由になれるから。

 

そこで、いろいろやって辿り着いた

わたしなりのセラピーを、

同じように、人付き合いが苦手。

なるべく、人と関わりたくない。

伝統的な心理カウンセリングのような、濃厚なクライエント・セラピスト関係が嫌。

というあなたに、お伝えしようとしています。

 

あなたに自由になってほしい。

楽に生きてほしい。

のです。

 

前置きは以上。

なぜ、ここでは、カウンセリングをやるのか。

それは、自分のこころの声を、自分でちゃんと聴けるようになるためのレッスンなのです。

 

わたし自身も、心理カウンセリングを受けていた経験があります。

その時に実感したのが、

自分の気持ちや考え、過去の出来事や将来のことなど、

自分以外の他者であるカウンセラーに、言葉で伝えようとしていくと、

他ならぬ自分が、自分のことをよりよく理解できるようになるということ。

 

最初は、カウンセリング場面のなかで、自分のことを客観的に観察し、理解するだけでしたが、

だんだん方法を覚えると、

カウンセリング以外の、日常生活の場面で、

カウンセリングで経験したこと、気付いたこと、練習したことを、生かせるようになりました。

 

そうすると、日常生活でも、

 

自分を理解することが、少しずつでも、出来るようになって、

今自分がどんな状況にいるのか、

自分にとって本当に必要なことが分かったり、自分が陥りやすい状況が見えてきたり、

自分の力で自分が生きやすくなる方法を考えることができるようになりました。

 

なので、今、結構自由にやっています。

 

それと、自分のことを理解し、自分を尊重することが、

自分以外の他の人を理解し、尊重することにつなるんだなぁ、と納得できるようになりました。

相手にも、それなりの理由があるんだろうね~と、

良い意味で、他の人のことが気にならなくなったり。 

 

わたしのカウンセリングの目標は、何よりも、

あなたに、自分の声をちゃんと聴けるようになってほしい、ということ。

 

他のカウンセリングでは、おそらく、

自力で不調を改善するために一番大切な、

自分自身の声を聴く方法を教えてくれるところはないでしょう。

 

自分が本当はどうしたいのか、何を望んでいるのか。

これは、あなたにしか、分からないこと。

自分で、自分の声を聴いてみることでしか、見えないこと。

 

自分の声を聴くことこそ、心身の不調を改善するための近道です。

(このことについて、詳細は次のブログを▶)

 

今の世の中は、スピリチュアルカウンセラー?みたいな人に、

自分の声を代わりに聞いてもらうことも出来るのかもしれないけれど。

でも、自分でちゃんとやれるようになります。

 

マニュアル的なアドバイスや情報だったら、SNSで調べればいい。

ここでは、他の誰かのためではない、あなただけの方法を見つけて欲しいのです。

 

ボディワークやヨーガも全く同じ理由です。

自分のからだの声を聴くための練習なのです。

 

からだは、こころ以上に、あなたにいろいろなことを語りかけています。

時には痛みや違和感、風邪のような症状を使って。

 

ボディワークやヨーガで、ゆっくりとからだの感覚を確かめていくと、

からだからの声を、ちゃんと聴けるようになります。

自分のからだが、どういう状態で、どんなケアを必要としているのか?

ちゃんと分かるようになります。

 

ボディワークやヨーガも、覚えるまで少し時間がかかることもありますが、

一度やり方を身に着けてしまえば、自分ひとりでやれます。

いずれ、からだの知恵になるので、無くなることもなく、一生役に立ちます。

 

セラピー中は、一定期間セラピストと関わらないといけませんが、

その後は、必要以上に、薬やセラピーに頼ることなく、自由でいられます。

 

ゆいセラピーでお伝えすることは全て、

わたし自身が自分の経験から、やっぱり良いものだと自信を持っているものだけ。

セラピーの経験から得たものは、いつものあなたが、いつもの日常生活で、いつでも使えるものだけです。

セラピーの場面を離れても、いつもあなたのなかにあり、無くなることはありません。

一生使えます。

 

わたしと同じように、なるべく自分の力で何とかしたい!

と願っているあなたの一助になれば嬉しいです。

 

 

<前のブログ      次のブログ>