メンタル面から、からだの緊張を取り除く方法

メンタル面から

からだの緊張を取り除く方法

からだはこころで、こころはからだ

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

今日は、なかなか取れないからだ、筋肉の緊張を、こころの緊張をほぐすことで取り除く方法について。

 

「からだはこころで、こころはからだ」ということを、

読んで納得!していただけると嬉しいです。

 

まずは、わたしの実例から。

 

わたしはほぼ毎日、伝統的ヨーガの練習をしています。

日々、仕事などあれこれで酷使してしまう、からだとこころのために。

 

からだのなかに、時々、すごく緊張している部分があるのが分かります。

特に、からだの左側、足の付け根のあたりとか。

 

そういうからだの緊張している部分の、ずっと深いところを緩めるように。

呼吸しながら動いていくと、

ふっと、昔見た景色のイメージが浮かんだり、過去に味わった様々な感情が湧いてくることがあります。

急に悲しくなったり、怒りを感じたりすることもあります。

 

そうなると、気付くとからだの方も、ふわっと緩んで、緊張がほぐれています。

 

気付かないうちに、無視してしまった感情や気持ちを、

からだのどこかにぎゅっと溜め込んでいるからです。

何かを溜め込んでいると、やっぱりからだも緊張します。

 

溜め込んでいた何かが、ちゃんと出てきて、

こころによみがえって、こころがちゃんと認識すると、

からだはもう、緊張する必要がなくなるので、ゆるゆるになるのです。

 

こういう時、私は浮かんできたイメージや感情を後でノートに書き留めておくことにしています。

後から読み返すと、「このからだの緊張は、あの時のことが原因かも?」など、

自分でも分からなかったことが、少しずつ分かってきます。

 

自分の感情に蓋をして、自分のどこかに閉じ込めてしまうと、

それはもやもやした状態のまま、溜まっていってしまいます。

あまりにも溜め込んでしまいすぎると、いつか、コップの水が溢れるように、

からだの不快な症状として表れてくることがあります。

 

マッサージとか、物理的な処置でも、なかなか取れないような、しつこいからだの緊張は、

こころの方からアプローチしていくと、すっとゆるむことがあります。

 

カウンセリングのなかで、セラピストと共有しながら、自分の気持ちを表現する時間を持つことも有効です。

自分ひとりでは、向き合うのが怖いような、どんな強い感情でも、

セラピストと一緒に、ゆっくり味わい、出来る範囲で言葉にしていくと、

少しずつ軽くなり、やがては消え去っていきます。

閉じ込めていたものが解き放たれ、こころが弛むと、同時にからだもゆるんで楽になってきます。

流行りの言葉を使うと、「心理的ブロックを外す」ということ。

 

「からだはこころで、こころはからだ」ですから。

確実にからだにも作用します。

 

 

また、普通の日常生活では、からだが感じる感覚そのものよりも、

「〇〇すべき」「〇〇に違いない」と、頭で考えることを優先することが当たり前になっていますね。

 

これはある程度仕方ないことです。

でも、からだも、からだのやり方で、より良くなろうと、いろいろなメッセージを送っています。

からだも、からだとして、一生懸命に生きているんです。

 

忙しいことを理由にして、

からだのメッセージを無視してばかりいると、

からだは緊張するばかりで、言うことを聞いてくれなくなります。

ついにからだは悲鳴を上げ、何からの不調として、訴えかけてくることでしょう。

「いい加減、こっちの言い分も聞いてくれ~」みたいに。

 

この場合は、とにかく、「からだの言い分を聞いてあげる」こと。

自分の意識を、からだに向けてあげて、こころを込めて、からだの感覚を感じてみてください。

何をすればいいか、自然に浮かんできます。

「あ、眠くなった」寝てください。

「目が疲れて無理」目を休ませてください。など。

こころを、からだの方へ向けていくということです。

 

心身ともに健やかにいるためには、こころとからだの緊張をゆるめること。

こころとからだが、いつも、ちゃんとつながっていること。

ちょっと心がけるだけでも、確実に変わってきますよ。

 

 

<前のブログ      次のブログ>

 

新宿・神楽坂のヨガ・カウンセリングなら、女性専用ゆいセラピー かぜのねへ。

最近もやもやする、自己肯定感を高めたい、仕事のストレスを改善したい、本当の自分を知りたいなど、

あなたの悩みをお聞かせください。

心と体の両面から改善していきます。