· 

女性特有の症状に効くセラピーヨガ

女性特有の症状に効くセラピーヨガ

世界初インターナショナルヨーガセラピーデイに参加!

こんにちは。

ゆいセラピーかぜのねです。

 

先日、埼玉の大宮ソニックシティにて、

第1回目のインターナショナル・ヨーガ・セラピー・デイが開催されました。

お天気が不安定だったので、ちゃんと行けるか心配でしたが、大丈夫でした。

 

ヨーガ・セラピー・デイとは、世界中から、ヨーガ・セラピーのいろいろな先生が約20人参加されて、

それぞれ実践されているセラピーを、ワークショップ形式でシェアしてくださるというイベントなのです。

 

様々なヨガの流派から編み出され、考え出された「ヨーガ・セラピー(療法)」は、

日本だけではなく、世界中で実践されています。

からだやこころに何らかの症状のある人たちのために。

 

特に海外では、従来の医療に代わる代替療法として、

実際の医療機関でヨガが実施され、

確実な効果があることが証明されてきています!


やっぱり、どこの国でも、ストレス性の病気が増えていて、

それを和らげたい方や、

病院での治療や薬では改善しなかったり、

身体的な問題で薬が使えなかったり、

医療に代わるやり方を探している方がたくさんいらっしゃるのですね。


欧米では、すでに医療に代わる選択肢のひとつとなっていて、

いろいろな症状を改善するために、セラピー的ヨガを選択する人が増えています。


私は、ビンダハニ 純子先生のワークショップに参加してきました。

テーマは

「女性のためのヨガ」~月経中の練習方法と月経トラブルへのアプローチ~

でした。

 

自分のからだのためにも。と、楽しみにしていました。

 

実際参加してみて。

先生の温かいエネルギーに満たされて、100分のワークショップだったのですが、あっという間に感じられました。

参加できて良かった~というのが率直な感想です。

 

一番こころに残ったのは、

ヨガの練習方法も、女性と男性では違うものであるべき、ということ。

女性には、女性特有の機能があること。

そのことともう一度しっかり向き合っていかなくては、と気付きました。

毎日の過ごし方や、仕事の仕方、ヨガの練習方法も含めて。

 

現在多くのヨガスタジオで行われているヨガは、もともと男性向け。

しかも修行目的に編み出されたものが多く、男性のからだに合うようになっているのです。

 

女性にこそ、ヨガが向いていると言われるようになったのは、ごく近年のこと。

女性は、月経、妊娠、出産、閉経など、

否応なく、自分のからだ、自分の内面に向き合うことになります。

 

自分に向き合うこと、本当はそれこそががヨガなので、

女性の方がヨガに向いていますし、ヨガの恩恵も多く受けられるとも言えます。

 

そこで、今までの男性向けのヨガを、女性のからだに合わせて調整されてきています。

今回わたしが学んだのもそうです。

どんどん女性特有の不調にアプローチするヨガがいろいろ考え出されています。

月経中に禁忌になるポーズや、月経痛を緩和する効果が見込めるポーズなど、

実践を交えてたくさん学ぶことができました。

 

また、普段の生活にいかせることもたくさん。

月経中は内臓が緊張しやすくなります。

なので、足を酷使する行動は避けた方がよいです。

ジョギングや、立ち仕事、長時間歩き続けたりとか。

 

スポーツジムなど動きの激しいでヨガをやっていて、調子が悪くなってしまったあなた。

激しいやり方を、からだが拒否しているのかもしれません。

一度、ヨガのスタイルを見直してみることをお勧めします。

 

 

<前のブログ      次のブログ>