· 

試験終了しました。

試験終了しました。

第1回公認心理士試験を受けました!

最近、ブログの更新が滞っていましたが、 無事に試験を終了しました。 

結果はともあれ、まずは受験できたことに自体にほっとしています。

 

日本初の試験でしたので、どんな問題が出るのか、それはそれは情報が錯綜していました。

ただでさえ、情報過多の時代ですから、仕方のないことですが。

 

実際受けてみた率直な感想としては、時代は変化しますが、

やっぱり「スタンダード」というべきものがあるのだな、と。

心理支援職としての基本知識、常識、一般的に妥当な対応。

基本的な問題が多く出題されていたような印象を受けました。

 

心理の世界では、いろいろな流派があって。

それぞれ援助の技法や、ベースとなる理論、支援の対象など、さまざまに異なるのです。

が、やはり流派を超えて、基本となるものがあるのですね。

それを再認識。

 

私自身も、いくつかの流派を学んできました。

それぞれ、その時々の自分にとって打ち込める学びだったのですが。

全く特色の違う流派を学んできたので、人によっては不思議な顔をされることもあります。

はあ?みたいな。

 

でも、自分的には、違う流派でも、心を惹かれる点は共通しているのです。

それは、人間は、からだだけの存在でもなく、こころだけの存在でもないということ。

そして、その人にしかない、特有のものを、誰もが持っていること。

 

試験勉強より、何となく、自分のこれまでの学びがどういうものだったのか、考える機会になりました。

(だから実際の試験勉強に身が入らなかった・・・という立派な言い訳。)

 

これからも、また多くの皆さまとの出会いを通じて、いろいろなことを学ばせていただくことになるのでしょう。

よろしくお願いいたします。

 

またブログもマメに更新します!