自分を知るということ

自分を知るということ

隠れていた痛みに気付くとき

今、心身の回復を目的としたヨガを集中して実践しています。

からだが新しく、より良いバランスを取ろうとしていることを実感する毎日です。

が、思ってもみなかったからだの不具合があることにも気付きました。

最近何だか肘の調子が悪いのです。

 

肩や手首のバランスが整ってきたところで、何で急に肘が痛くなったのか?

ヨガを練習しながら探ってみますと、肘の関節を張ってしまったり、無意識に肘だけに力を入れてしまったりすると痛みが出てくることが分かってきました。

 

私はどうも、例えば荷物を持つなど日常の動作でも、以前から肘を張ってしまい、力を入れ過ぎる癖があったようです。

そうやって知らずに酷使していた肘が、今痛みとしてサインを発しているらしい、との結論に至りました。 

 

こういうことは、よく見られることのようです。

ある鍼灸師さんが書かれた本にも、「表面に出ていた痛みが良くなると、裏に隠れていた本当の痛みが出て来ることがある」と紹介されていました。

まさに今私に起きていることです。

 

普段の生活では、ほとんど意識することなく、私たちはからだを使っています。

例えば、鞄を持つなどの動作では、自分で動かそうと思って手を動かすことはありません。


 

ですので、知らないうちに、自分でも気付かないまま、無理な姿勢を続けていることがよくあります。

ヨガで、日常ではあまり意識しない微細な部分の筋肉にまで、意識を向けて動かすことをしていると、どんどん自分のからだについて知らないことが出てきます。

ヨガの後で、それまで全く気付かなかった部分が筋肉痛になったり。

そうすると、ほとほと、自分のからだなのに、自分でも理解していなかったことに愕然とします。

 

私たちのこころは、外の状況に向かいやすい傾向にあります。

鞄を持つ時も、おそらく、他のことを考えながら、自分で動かしているという意識もなく、鞄を持っています。

特に、心身のバランスを取り戻したい時には、外へ外へ、と向かいがちなこころを、自分の方に向けていくことが大切になってきます。

そのために役に立つのが、私にとってヨガの練習です。 

 

<前のブログ      次のブログ>