· 

ネガティブ思考のススメ

ネガティブ思考のススメ

心身の不調をより深いレベルから癒すために。

こんにちは、ゆいセラピーかぜのねです。

 

何となく不安…

いつも緊張してしまう。

イライラしやすい。

よく眠れない。

疲れやすい。

などなど。

 

病院とかで、治療を受けるほどではないけれど、

こんな、何となくうっとおしい状態に困っているあなたへ。

 

「○○すると××が治る」という情報は、

ネットや書店に溢れていますが、

どうも、そういうものでは良くならないと、

心のどこかで感じているあなたへ。

 

今回お伝えしたいのは、

からだやこころに不調のある時には、

ネガティブに考えることが、とても大切なことだということ

そして、ネガティブ思考に考えるには、勇気がいるということ。

 

「え?ポジティブ思考が大切なんでしょ?」

と思うかもしれませんが。

 

ネガティブ思考をお勧めする、

その根拠はちゃんとあって、

以前のブログでご紹介した「身体が『ノー』と言うとき」という本にもあります。

(そのブログはこちら▶「最強のストレス解消法」

 

からだやこころの不快な症状は、

あなたに、何かのメッセージを伝えようとしているのです。

 

「○○でバランスを崩しています。」

「もっと○○に目を向けてください。」

「あなたのかわりに、からだの○○を使ってノーと言います。」

 

○○に入るものは、人それぞれですが、

こんなふうに、あなたにとって、大切なメッセージを伝えているのです。

そのメッセージは、おそらく、

あなたが、よりあなたらしく生きるための手がかりになるもの。

 

なので、からだやこころに不調のある時には、

「なぜ調子が悪いの?」

と、問いかけをしてみることが、

症状を改善していくために、

どうしても必要なことなのです。

 

なのに、ここで、不調というネガティブな現実を、

見ないふりをして「大丈夫!」という、

見せかけのポジティブ思考をしてしまうことがあります。

 

それでは症状は良くならない、ということです。

 

ここでのネガティブ思考とは、

現実にある不調をちゃんと見つめて、

「なぜ、そうなってしまったんだろう?」

と考えてみようということなのです。

 

嫌な現実をみることは、とても勇気がいること。

とても辛いこと。

でも、思い切って見ようとしないかぎり、

わたし達のバランスを乱して、

不調を起こしているものは、

いつまでも隠れたまま。

 

でも、一歩踏み出せば、

原因が分かっても、分からなくても、

行動したことによって、

症状は変化していきます。

 

「一歩踏み出せた」ことで、

自分に希望を持てるようになります。

 

より深いレベルで、からだやこころの不調を改善することができます。

 

もっとも、どうしようもない時は、決して無理しないこと。

以前もブログ「とにかく気分が落ち込んでしまった時に」

でも書きましたが、

急に気分が落ち込んでしまった時には、

とにかく、そこから抜け出すこと。

 

でも、自分なりに落ち着いた状態だと思う時には、

ネガティブに「何が原因なんだろう?」

と考えてみることをお勧めします。

その後の方法については、「自分との向き合い方」でご紹介しています。

 

もちろん、セラピーのなかでお手伝いすることもできます。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

前のブログ      次のブログ>