自分との向き合い方

自分との向き合い方

「なぜこうなるの?」不調の原因を探りたいあなたに。

 

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

以前のブログ「ネガティブ思考のススメ」でも少し触れましたが、

現実にある不調をちゃんと見つめて、

「なぜ、そうなってしまったんだろう?」

と考えてみることの大切さをお伝えしました。

 

今回は、

ご自分の不調を見つめたところ、

どうも、こころのある部分に、

「なにか、原因があるのかも?」と気付いて、

その「何か」を探ってみたいと思うあなたのために。

 

それはそれは深遠なことなのですが、

わたしの考えや、

ゆいセラピーで実践していることを含めて、

ここで出来るだけのお手伝いをしたいと思います。

よろしければご一読ください。

 

多分、曖昧な感じになってしまうかもしれません。

言葉で表現できることが全てではないので。

 

最初にお伝えしたいのは、

 

自分のこころ、内面と向き合うということは、

おかしなことでも何でもない、ということ。

 

特に、あなたの不調が心理的なことだと、

「自分はどこかおかしいのか?」

「”心の闇”が深いのか?」

と、不安になってしまうかもしれません。

 

わたしの考えでは、

もちろん、わたし自身を含めて、

誰にでも、こころのなかには、”心の闇”的な部分があって、

その闇に全く気付かない人もいれば、

向き合おうとしている人もいて、

残念ながら、闇の部分に圧倒されてしまう人もいる。

そう思っています。

 

わたし達は、人間なので、

こころに闇を持たないでいることは出来ません。

 

”心の闇”的な部分には、

押し殺した感情や、

諦めるしかなかった願望や、

漠然とした不安や、

トラウマ的な体験の記憶などなど、

自分でも認めたくないようなものが存在しています。

 

でも、その全ては、

あなたがこの世界で生き延びるために、

引き受けるしかなかったものです。

 

そんな闇の部分も含めて、

自分の内面を見ていくと、

闇ではない、

あなたのなかの、

潜在的な力に必ず気付くことができます。

あなたのなかにある、

生き生きとした、

あなたらしい部分があることが実感できます。

 

この気付きには、人を変える力があります。

そのあなたらしい力は、

 自分にとって本当に必要なことを教えてくれます。

その力は、闇の部分も含めて、

あなた自身を受け入れるだけのエネルギーを持っています。

 

その力をうまく使うと、

よりあなたらしく生きることができるようになります。

その力に気付くには、

やはりあなた自身の内面と向き合っていくしかないのです。

 

もう一つお伝えしたいのは、

自分のこころと向き合うのは、

以外と大変な、根気のいる作業だということ。

 

ですので、 

決して無理をしないように、

コツコツやることをお勧めします。

 

具体的には、

日常のどんな場面でも、

気分やからだの感覚が変ったら、

「何が起こったのかな?」

「からだの感覚がどうか?」

「どんな気分でいるのか?」

あなた自身に、 

聴いてみてあげてください。

 

「自分はどう思うのか?」

あなた自身に、関心を向けてあげること。

 

その積み重ねです。

だんだんと、

あなたが抱えてしまいやすい感情や、

敏感に反応しやすい言葉や、

気になる周りの人の態度などが、

自分で分かって来ます。

 

おそらく、それは、

こころの闇の部分と何かつながりがあるはずです。

 

闇の部分は、

時に衝動的な感情を引き起こします。

恐怖や失望や不安など。

こうした衝動的な気持ちに突き動かされてしまうと、

自分で自分を苦しめる行動を取ってしまうことがあります。

 

でも、あなた自身が、

衝動的に持ってしまいやすい感情や、

ついやってしまう行動が、

自分で分かっていれば、

ちゃんとコントロールすることができます。

 

自分を不安にさせるもの・こと・人が、

どういうもの・こと・人なのか、

自分で分かっていれば、

ちゃんと対策を考えることができます。

 

こころに向き合うのは、

大変なのですが、

自分のことを分からないままで、

ずっと不調を抱えていくことの方が、

やっぱり大変なのではないでしょうか?

 

最後にお伝えしたいのは、

こころに向き合うために、

からだのケアもしていくことです。

 

根気のいる作業ですから、

からだに不快な症状があると、

なかなかモチベーションが保てないかもしれません。

 

それに、

「え?」と思うかもしれませんが、

”心の闇”的な部分には、

言葉で表現できない体感した記憶や、

からだを勝手に動かしてしまう行動パターンなども含まれています。

 

そうした”闇”は、からだでは、

強い緊張感や凝りとなっていることがあります。

 

なので、ストレッチやセルフマッサージでもいいので、

からだを弛めてケアすることをお勧めします。

 

そのためわたしはセラピーで、

からだの感覚を深めるため、

そして、

からだを弛めてケアするため、

ヨーガなどボディワークを行っているのです。

 

また、わたしのセラピーでは、

こんな大変な作業をするのですから、

少し準備期間を取っています。

 

いきなり始めるのではなく、

からだとこころを、

まずしっかり休めて、

セラピーに通うことに慣れた位から、

ゆっくり始めます。

 

ネットとかでは、

「心のブロックを破壊する」とかの方法もあるようですが、

こころに関しては特に、

わたしは乱暴なことはお勧めしません。

 

ゆっくりペースが、

一番あなたにとって負担がなく、

安全だと思うからです。

 

もう少しお伝えしたいことがあるのですが、 

今日は長くなりましたので、

次回のブログに続きます。(▶続・自分との向き合い方)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あなたにとって、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

   

 

<前のブログ      次のブログ>