· 

ヨガのコツ

ヨガのコツ

からだの感覚に耳を澄ませること

ゆいセラピーかぜのねです。

 

もし、あなたが

・肩こり、頭痛、腰痛など、からだに不快な症状を抱えている。

・無理なく体力をつけたいけど、厳しい運動は無理。

・からだのバランスをいつも自分で整えられる良い方法を探している。

などにお悩みであれば、このブログをお読みになってみてください。

何かの手助けになるかもしれません。

 

最近はネットでもいろいろなヨーガやストレッチ方法が紹介されていて、

「一体どれがいいの?」と迷うくらいです。

 

実は、どれでもいいです!

 

あなたが「これなら出来そう!」と思えるものであれば。

 

ヨーガでなくても大丈夫。

ストレッチのやり方でもいいです。

 

大切なのは、「何をやるか?」ではなくて、

「どうやるか?」です。

 

以下、そのコツを二つお伝えします。

 

第一のコツ。

どんな動きでも、一つひとつ丁寧に、じっくり時間をかけていきます。

いつもゆっくりとした呼吸で、からだをいたわりながら。

からだを動かしながら、からだに感じられる緊張感やストレッチ感をじっくり味わい、

自分の内側から緊張がほどけていく感じを大切に。

 

とにかくゆっくり、

自分のからだだけを感じて、やってみてください。

その時間だけを楽しむように。

 

第二のコツ。

あなたの「わたしは、からだを動かしている」という意識を大事にしましょう!

 

例えば、臨床動作法では、

正しい姿勢で肩をゆっくり上げ下げしたり、足裏全体でしっかりと踏ん張って立つ練習をしたり。

こういう時には、

「肩を上げよう!」「足で踏ん張ろう!」と意識をちゃんと持つこと。

 

あなたの「○○しよう」という意識が何より大切なのです。

最初は肩も動かないし、足も思うように踏ん張れません。

 

それでいいのです!

ただ、「やろう」「動かそう」と意識して、やってみてください。

結果として、目指す動きが出来なくてもいいのです。

 

途中で他のことに意識が向いてしまっても、大丈夫。

またちゃんと意識を持ち直せばいいのです。

それを心掛けてください。

 

続けていくうちに、いつの間にか、動きづらかった肩や腰が軽くなっていくのが分かります。

からだの緊張がほどけると、こころも自然とゆるんでいきます。

気が付くと、たくさん抱えていたストレスも和らいでいきます。

 

以上の二つのコツを意識してやっていただくと、

それだけでも効果は全然違います。

 

毎日5分でも大丈夫。

長時間ダラダラやるよりも、自分に集中してやりましょう。

ゆっくりだけど、確実にからだは変わりますよ。

 

どんなに優れた方法でも、

自分のからだ、内面に意識を向けずにやっても、

あまり効果は見られません。

 

スポーツジムなどで、他の人と競うようにやったり、

グループレッスンで、みんなと一緒にやらなきゃいけない気持ちでやっても、

自分に意識が向いていない限り、

それは本来のヨーガではありません。

 

忙しい日常生活のなかで静かに自分と向き合う時間はなかなか取れないもの。

そんなご自分の内面を丁寧に見つめることができる貴重な時間、

それこそがヨーガです。

なので、終わったあとは、からだの疲れも取れ、内面からリラックスできるはずなのです。

 

このコツを意識してお伝えしているわたしのクライエントさん達は、

「膝の調子が良くなった」「暑いけど元気!」と喜んでくださっています。

わたし自身も、ちょくちょくパソコンなど触っていますが、ほとんど肩こりはありません。

 

昨今ネットで検索すると色々出てくるので、

色々試してご自分でやり易い方法を、ぜひ探してやってみてください。

 

ちなみに、こちらのセラピーでは、

あなたの症状やご希望、お悩みに合わせて、

いろいろなボディワークのなかから、

あなただけに合ったものをセレクトしてマンツーマンでご指導しています。

 

ヨーガをはじめとして、操体法や臨床動作法などなどから、

あなたに合った動きだけをいろいろ。

 

 

こちらのボディワークには、難しい動きは一切ありません。

年齢や体力、運動経験を問わず、どなたでも、無理なく取り組むことができます。

動きは簡単だからこそ、集中して取り組むことが大切。

 

ご自宅でもコツコツやれるワークもたくさんご紹介しますので、

セラピーの後、ご自宅でも良い状態を続けていけますよ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

<前のブログ      次のブログ>