· 

自分探しの迷宮

自分探しの迷宮

自分は外で探すものではなくて、内側で育てるもの

 

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

カウンセリングをやっていますと、当然自分探し中の方にお会いすることが多いです。

皆さん真摯に「本当の自分とは何か?」を求めて、いろいろチャレンジされています。

 

「自分探し」について、最近ずっと気になっていることを今日はお伝えしたいと思います。

 

「自分探し」の途中のあなた、

「自分探し」に疲れてしまったあなたに、ぜひ、お読みいただきたい内容です。

自分を追い詰めてしまうような「自分探し」を見直す機会になるかもしれません。

 

「自分探し」という言葉、辞書では、

「自分の現状に満足できず、本来の自分の性格、人生の目的など、納得できるものを探し求めること」

と定義されています。

 

わたしも以前はそうでした。

技術を学ぶためでもあり、自分の不調を治したいこともあって、心理カウンセリングはもちろん、

精神分析、ヒプノセラピー、オーラソーマ、エネルギーワークなどなど、いろいろやってみました。

 

いろいろな本も読みました。

いろいろな流派のヨガも学びました。

いろいろな方にお会いしてお話を伺いました。

 

そのなかで、少しずつ、実感しながら分かってきたことがあります。

それは、

本当の自分とは、外側にあるものではなく、自分のなかにあるということ。

その自分を、自分で守って、自分のなかで育てていくものだ、ということ。

 

 

○○に行けば、とか、

○○をすれば、とか、

○○を手に入れれば、とか、

何かの宝物を探すように、外の世界を探し回っても見つかりません。

 

自分のなかにしか、存在しないのです。

外側に目を向けるより、自分の感覚、自分の体感、自分の感情、

そういうものこそ、本当の自分を見つける手がかりになるんです。

 

また、「本当の自分」とは、

○○カウンセラーや、

○○セラピストや、

○○ヒーラーや、

○○占い師が、

「本当のあなたは○○です」と教えてくれるものでもありません。

 

誰かに教えられるものではなくて、

あなたがどう感じるか、どんなことが思い浮かぶのか、どんな気持ちが湧いてくるのか、

それこそが、

「本当のあなた」からのメッセージだからです。

 

最初は、自分の感覚や直感って、なかなか信じられないものです。

わたしもそうでした。

自分のなかでは、こうだ、と感じていても、

占い師さんの言うことを鵜吞みにしてしまったり。

 

最近度々、クライエントさんのなかに、ご自分では「違う」と感じていても、

スピリチュアル・カウンセラーなどの先生たちのアドバイス通りにやっていて、

とても辛そうな方いお会いします。

 

スピリチュアルな生き方が、あなたが本当に望む生き方なんでしょうか?

 

わたしはこうありたい、とか、

わたしはこう感じる、とか、

自分の感覚を信じるのは、初めは怖いかもしれません。

最初はかえって上手くいかないように感じるかもしれません。

 

でも、あなた自身の声を聴いてあげ、

あなたの感覚を尊重してあげると、

少しずつ、あなたのなかで、確固とした何かが、育ってきます。

 

最初はふわふわした感じでも、

あなたが、日々、あなた自身に注意を向けていると、あなた自身のなかに、軸を見つけることができます。

 

わたしも少しずつ、わたし自身の声を聴いて、わたしのなかの軸を育て続けています。

なので、今ではいわゆる「自分探し」を終わりにしました。

 

もう、外で探すことをしなくてもよくなったので、

無駄に行動することがなくなって、

以前より、シンプルに、楽に生きられるようになりました。

 

こんなわたしの経験が、あなたのために、お役に立てていただけると嬉しいです。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 <前のブログ      次のブログ>