現実の人生をより幸せに生きるために

現実の人生をより幸せに生きるために

自分が「今、ここにいる」と実感できること

 

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

昨今の日本には、たくさんのセラピーがあります。

心理カウンセリングひとつとっても、さまざまな流派やメソッドがあります。

 

あなたがどこかに相談したくなった時、

どれを選ぶのか?

迷いますね。

 

今日は、わたしのカウンセリング、セラピーの基本的な考え方をご紹介します。

あなたがカウンセリングルームを選ぶ際の参考にしていただければ嬉しいです。

 

わたしのセラピーの大原則は、

「今、ここにいる」という実感を大切にします。

 

なぜならは、セラピーの目的は、

あなたが現実の人生を、より幸せに生きることだと考えているからです。

 

バーチャルな世界や、自己満足の世界ではなく、

生きるからだを持ったあなたとして、

からだ、こころ、魂のバランスを取りながら、

地に足を付けて、毎日の生活を健やかに送れるように、なっていただきたいので。

 

そのために、セラピーの最中では、「からだの感覚」を大事にしています。

 

例えば、「痛い」という感覚は、

一見嫌な感覚かと思いますが、

「今、ここ」にしかない感覚です。

 

昨日の痛みを、今、感じることは出来ないし、

明日の痛みを、今、感じることは出来ません。

 

ヨーガやボディワークで実際にからだを動かしてみた時の、

からだの緊張感や、筋肉の動いている感じも、

瞬間瞬間、今、ここにしかないものです。

 

また、からだを動かさず、心理カウンセリングで対話している時でさえ、

胸が痛くなったり、お腹のあたりが温かく感じたり、

いろいろな、からだの感覚が生まれてきます。

 

そういう感覚は、あなただけのもの。

あなたに大切なことを伝えてくれます。

 

あなたのからだの感覚を無視しないで、

ゆっくりじっくり耳を傾けていくと、からだは必ず応えてくれ、

あなたのなかにある、自分を癒す力が目覚めてきます。

 

セラピーを受けると、

あなたのからだは、楽になったことを実感できます。

楽になったことを実感したからだは、もっと楽になろうと、自然にあなたにとって楽になれる行動をします。

からだが楽になると、当然、こころも楽になります。

 

そういうふうに生き生きとした、こころとからだで、どんなふうに生きていきたいですか?

今後のあなたの生き方も、ご一緒に考えていきたいと思っています。

 

とはいうものの、決して心理カウンセリングを軽視しているのではありません。

かつて、わたしは精神分析のトレーニングを受けていましたし、

前世療法や、ヒプノセラピーに関心を持っていたこともあります。

 

でも、なぜかずっと違和感がありまして。

無意識も、過去生も、とにかく膨大。

 

深く深く探っていくと、それだけで人生が終わってしまう。

現実の人生をより良く生きるためのセラピーのはずが、

ひたすら無意識や過去生を探り続け、出口が見えなくなっていく場合があることに気付いたからです。

 

無意識の部分をどう考えるか、より、

自分が「今、ここにいる」という、確かな実感を持てることが、大切だ!

と、試行錯誤の末、気付いたからです。


そのためには、からだのケアに加えて、カウンセリングのなかで、

今あなたを困らせている何か、

今あなたの足を引っ張っる何か、

今あなたが生きる上で障害になっている何か、

について、

対話を重ねて、しっかりと明らかにしていくことがやっぱり必要です。

 

バーチャルな世界、SNSの世界、空想や妄想の世界ではなくて、

現実の、リアルな世界のなかで、

「今、ここしかない」

そう確信できると、人は変われます。

ここしかないので、どこにも行けないので、つべこべ言っても、何とかするしかないからです。

 

その時には、あなた自身のなかから、変化へ向かうエネルギーが湧いてきます。

最初は小さな力かもしれませんが、

やがて、あなた自身や、周囲の人や、外部の環境を変えていく力に育っていきます。

 

あなた自身のなかの、あなただけの力を、引き出し、育てていく。

それが、セラピーの中間目標です。

 

そして、あなたが自分の力を発揮しながら、あなたの人生を大切に生きていけるようになること。

それが、セラピーの最終目標です。

 

あなた自身の今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

<前のブログ      次のブログ>