· 

罪悪感に悩むあなたに

罪悪感に悩むあなたに

自分のために何かを選択した「徴」です。

 

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

真剣に自分の人生を大切に生きよう!

そう決めたあなたの足を引っ張るものは何ですか?

 

家族の反対?

経済的な問題?

友達と疎遠になってしまった?

 

案外そういうことはなく、

「罪悪感」という、あなたのなかにある感情であることが多いようです。

 

そんな罪悪感に悩むあなたのために、こちらをお読みいただくと、

罪悪感に対して、また違う角度から見ることが出来るようになると思います。

 

この罪悪感。

いつもあなたのなかにあって、ふとしたタイミングで湧いてくる。

チクチク、チクチク、あなたのこころを刺激して、イライラさせることもある。

とても厄介なものです。

 

家族が反対しているのであれば、賛成してもらえるよう、話し合うこともできる。

経済的な問題は、収入を増やしたり、余分な出費を抑える工夫をすることができる。

友達と疎遠になってしまったら、また新しい出会いを待つこともできる。

 

でも、罪悪感は、常に自分のなかにあって、なかなかコントロールできないもの。

 

例えば、

あなたが自分のために習い事に行こうとすると、ご家族から呼び出しがかかりました。

ご家族の用件は、別に急ぎのものでも、緊急事態でもない。

これからの自分にとって、今習い事に行くことは大事な意味がある。

なので、

あなたは、ご自分のために、ご家族より、習い事を優先することにしました。

自分のために、自分にとって必要な行動をしただけです。

それなのに、

こころのどこかで、

「やっぱり悪いことをしたのかな」

「私、自分勝手かな?」

「なんか、嫌な気分になってきた・・・楽しく習い事に行くはずだったのに」

 

あなたにもそんな経験があるのでは?

 

自分の人生を自分のために、自分らしく生きる。

自分にとって必要な行動をする。

そうするのは、人として生まれたからには、自然なこと。

本来、罪の意識を感じる必要がないはずです。

なのに、罪の意識を感じてしまう。

 

さらに、罪の意識を恐れるばかりに、

自分に必要なことより、ご家族や同僚など他の人のことを優先してしまうこともありますね。

「他の人の役に立たなくては」と。

 

それも大切なことではありますが、

あなたのなかの罪悪感を避けたくて、他の人のために行動しているのであれば、

それは本当に他の人のためになることでしょうか?

あなたのためになることでしょうか?

 

残念ながら、罪悪感をすぐにかき消す方法は見当たりませんが、

ある医師の言葉をご紹介します。

 

「多くの人にとって、罪悪感とは、自分のために何かを選択したことを示す印である。

私は忠告したい。

あなたが罪悪感を感じないときは、きっと何かのバランスが乱れているんですよ。

あなたはまだ、自分の欲求や気持ちや興味を後回しにしているんですよ、と。」

 

いかがでしょうか。

罪悪感を持つことは辛いことですが、

だからといって、あなたの一度きりの人生より、他の人の人生を優先してしまっていいのでしょうか?

あなたにしかない、あなたの人生を大切に生きなくていいのですか?

 

また、

自分より他の人を優先することで、

自分に対して腹を立てたり、

他の人を恨んでしまったり、

罪悪感とは別のネガティブな感情がまた生まれてしまいます。

罪悪感だけであれば、

「自分のために何かをしたから仕方ない。自分が必要なことをするのは当然のことよ」と、

自分を責めることなく、自分を許してあげれば済むことです。

 

最後に、

気持ちが不安定になったり、

からだやこころが疲れてくると、

どういう訳か、罪悪感を持ちやすくなるようです。

クライエントさん達とお会いしていて気付きました。

 

なので、罪悪感対策のためにも、

からだとこころをいつも健やかに保てるよう、気を付けてお過ごしくださいね。

 

もちろん、セラピーでは、

罪悪感そのものに対しても、からだとこころのケアに対しても、あなたをちゃんとフォローします。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

あなたが自分の人生を大切に、毎日を過ごせますように。

 

<前のブログ      次のブログ>