· 

不機嫌な人への対処法

不機嫌な人への対処法

不機嫌という、理不尽な暴力からご自分を守りましょう!

 

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

朝起きて、今日も一日始めるぞ!

そんな爽やか気分だったあなた。

 

ところが、ご家族が何だか不機嫌。

出勤すると、上司が何だか不機嫌。

すると、爽やか気分も何処へやら。

自分まで不機嫌になってきた…

 

そんな経験はありませんか?

 

せっかく良い気分で一日始めようと思ったのに、

笑顔で「おはよう」と言いたかったのに。

本当にがっかりしますよね。

 

それどころか、あなたまでイライラ、不機嫌に。

 

そこで、今回は、不機嫌な人への対処法をお伝えします。

あくまでも、対処法で、根本的な解決策という訳ではありませんが、知っておいて頂くと、気持ちは楽になれます。

 

最初はお伝えしたいのは、ある意味、不機嫌は暴力だということです。

なぜならは、不機嫌になることで、

その人は、周りの人に威圧感を与えたり、

気配りを強要したり、

場の雰囲気をコントロールしようとしているからです。

 

自分の感情に、他の人を巻き込んで、支配しようとするからです。

 

さらに厄介なのほ、

あくまでも不機嫌でいる限りは、

大声を出したり、

手を上げたり、

目に見える形で行動することがありません。

 

なので、本人も、自分では、周りをコントロールしているということを、

はっきり意識しないままやっている場合が多いことです。

 

自分で手を汚していないので、

もちろん、不機嫌な本人は悪気もなく、

(もっとも薄々気付いているのかもしれないけれども、)

 

「別に怒鳴ったりしてる訳じゃないから」と、自分で自分を誤魔化しているのかも。

 

こんなふうに、自分の労力を使わず、自分に非があるとも思わず、誰にも分からないように、

でも確実に、

周囲を思い通りにする。

 

こんなに楽な方法はないですよね。

なので、おそらく、この楽な方法は、一度習得してしまうと、なかなか止められないのでしょう。

 

ちょっと卑怯じゃない?

 

ってわたしはつい思ってしまいますが(笑)

 

 

不機嫌さんが一人でもいると、周りの人は本当に大変です。

 

前置きはこのくらいで。

 

対処法は3つあります。

 

①相手と自分の感情を分ける。

 

不機嫌であることは、ご本人の問題。

決してあなたのせいではありません。

特に、周囲の雰囲気に敏感なのあなたには、まるで、空気伝染するかのように、

不機嫌さんからの不機嫌が伝わってくる感じがするかもしれません。

 

でも、はっきりと自覚して、区別しましょう。

あなたの良い気分があなただけのもの。

不機嫌な気分は、不機嫌さんだけのものです。

 

②なるべく緊張しない。

 

からだやこころが緊張していると、外部の刺激に一層敏感になります。

だから、不機嫌さんが近くにいるときほど、

意識して、自分がリラックスしているように、心掛けましょう。

 

③適度に距離を置く。

 

不機嫌さんには、巻き込まれないようにすることが肝心。

あなたが何かしてあげたとしても、

不機嫌さんは、あなたのした事で、

余計不機嫌になることも。

 

あなたの善意が仇になる?

残念ですよね。

 

なので、なるべくそっとしておきます。

 

これが上手くいくと、

不機嫌さんは、不機嫌な気分を使って相手をコントロールするという、

自分のやり方が上手くいかないことがある!と、

気付いてくれるかもしれません。

 

本来、大人同士の付き合いなのですから、不機嫌になるのではなく、

何か不満などがあるのだったら、きちんと言葉で表現するべきなのです。

それをしないで、不機嫌という策略を選んでいるのですから。

 

言葉で表現して、コミュニケーションを取れば、

お互いに考えていることを理解することだってできます。

お互いに、良い関係を作るために、話し合うこともできます。

 

あなたにとっても、不機嫌さんにとっても、その方が望ましいのではないでしょうか?

 

やはり不機嫌は暴力。

相手が不機嫌でも、自分は自分。

くれぐれも、不機嫌さんのペースに乗せられないように。

 

自分を信じて自分ちゃんとを守ってあげてくださいね。

 

セラピーでは、スキマ時間でもリラックスできる方法を体得したり、

セラピーを通して、あなた自身がより強くなれるように、サポートすることも出来ますよ。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

<前のブログ      次のブログ>