無意識を探索する時の注意点

無意識を探索する時の注意点

無意識を深堀し過ぎると、本来の目的を見失います。

 

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

前回のブログで、

人間は意識と無意識から成り立っていること、

無意識とつながりのある深いからだの動きを通して、良い変化を促していくという方法があることを

お伝えしました。

 

無意識の部分にアプローチすることは、

からだやこころの不快な症状を改善したり、

自分らしく生きるために必要なことなんですが、

そうかと言って、無意識を探索し過ぎてしまうことにも問題があります。

今回はその注意点をお伝えしようと思います。

 

今までに、ヒプノセラピーとか、スピリチュアル的なセラピーとか、イメージ療法とか、

無意識を深く探索していこうとするセラピーを受けたけど、

しっくりこなかった、とか、

何かやっぱり怪しい感じがしたとか、疑問のあるあなたに。

お読みいただくと、少しスッキリするはずです。

 

人間には、意識と無意識の部分があり、

どちらも日常生活を送るうえで、それぞれ大切な役割があります。

どちらが正しいとか、間違っているとかではないのです。

 

普段わたし達は、仕事をしたり、他の人と話したりといった日常の活動をする時には、

意識のレベルが優勢になっています。

 

人間の意識の階層では、意識の層の下に、無意識の層があるという感じになっていて、

普段の生活のなかでも、意識の合間を縫って、無意識が顔を出しています。

 

例えば、外出する時に、つい、うっかり忘れ物をしてしまうことがありますね。

この、「うっかり」は、無意識の仕業であることが多いのです。

 

外出先が初めての場所だったり、本心ではあまり行きたくない場所だったりして、

意識しなくても緊張したり、どこかで嫌だと思ったりしていると、

無意識が顔を出して、

「本当は不安」「出かけたくない気持ちもあるんだよね」ということを、

あなたに伝えるために、

「うっかり」忘れ物をするという行動をさせて、

サインを送っていることがよく見られます。

 

こんなふうに、現実の世界は、意識と無意識が相互に作用して、

わたし達のこころを形成しているわけです。

そして無意識は、深層心理というように、深く深く、何層にも重なっています。

 

わたし達は、例えば、

他の人とうまく関われないとか、仕事のストレスや、自分に自信が持てないとか、

色々なことで悩みます。

こうした悩みにも、もちろん、意識の部分と同じように、無意識の部分も関わっています。

 

なので、

現実の行動や、普段の考え方を変化させたいと思った時には、

当然、無意識のレベルにもアプローチすることが必要になってきます。

 

けれども、

あまりにも深い部分の無意識が、現実の行動に影響をすることは、実はありません。

何層にもなった深い部分の無意識は、表面の意識に近い部分に出ては来れないのです。

 

普段の生活に影響するののは、意識に近い部分の無意識。

それは、普段忘れているけど、何かのきっかけですぐに思い出す、とか、

はっきりと言葉に出てこないけど、何となく感じるとか。

そういう、比較的浅い部分の無意識のなかにあるものです。

 

あなたが、今の自分の現実を何とかしたい、

現実の人生をより良いものにしたい、

というお気持であれば、

深すぎるレベルの無意識を探求することは、

往々にして時間や労力、お金の無駄になることがあります。

 

そんなに無意識にばかり目を向けて、深堀する必要がないからです。

 

無意識は膨大なので、全てを探求しようとしたら、一生かかっても終わりません。

何かの研究としてやるには意味があるのかもしれませんが。

 

無意識を探求することは、ある意味、興味深いことでもあります。

未知の世界ですから、好奇心のある方にとっては、楽しい作業になる場合もあります。

 

ただ、深みにはまってしまって、ご自分の現実の人生を生きるため、という目的を見失う場合も。

無意識を探求することの目的は、あなたの「今」をより良くすることのはずです。

だから、注意してください。

 

現実に近い部分の無意識にアプローチするためには、

お互いに対話しながら理解し合うカウンセリングや、

現実に存在するからだを使うボディワークがやはり、安全・安心かと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

<前のブログ      次のブログ>

 

新宿・神楽坂のヨガ・カウンセリングなら、女性専用ゆいセラピー かぜのねへ。

最近もやもやする、自己肯定感を高めたい、仕事のストレスを改善したい、本当の自分を知りたいなど、

あなたの悩みをお聞かせください。

心と体の両面から改善していきます。