髪はこころの状態を映し出します。

髪はこころの状態を映し出します。

髪の状態やヘアスタイルによって、気分が違いませんか?

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

その日の朝の髪の状態によって、

その日一日の気分が違うという経験はありませんか?

 

ヘアスタイルが変わると、とても新鮮な気持ちになったり。

 

わたしもバッサリ髪を切った時、今までのことがリセットされたような気持ちになりました。

今まで試したことがない服を着てみたくなったり、行ったことがない場所に行ってみたり。

 

それもそのはず、髪はこころの状態と深く関わっているのです。

  

かつて、精神科にいた時にお会いした患者さんのことを思い出します。

 

その方は、70代後半の女性。

鮮やかな色の服を着こなし、とてもおしゃれで、洗練された雰囲気でした。

 

ご家族に付き添われて来院されたのですが、

目を離した隙に、ご自分で髪の毛を抜いてしまうのだそうです。

それが段々とひどくなり、時には、両手で髪を掴んで引っ張っているとのこと。

ご本人はあまり抜いているという自覚がないようでした。

 

この方は、おそらく「抜毛症」と思われます。

心理臨床大辞典(培風館)によると、

抜毛症とは、頭髪など身体の毛を、

自分の手でほとんど無自覚に引き抜く症状のことです。

 

小学生~思春期の女子に多く、ストレスや不安が原因とする説が一般的なようですが、

他のこころの症状と同様、はっきりした原因は不明です。

 


この方の場合、

とても印象に残ったのが、

「髪を抜いてしまう」という行為のことを知らない限り、

全く問題が無いように見受けられたことです。

 

お話をしてみても、とても人当たりが良く、チャーミングな方。

 

それゆえ、今思い出しても、「自分で髪を抜いてしまう」という行為によって、

何とか自分らしさを保とうとしているという、

切実なご様子に胸を打たれます。

 

この方も、ご年齢のため、

日常生活での認知機能の低下が目立つようになり、

物忘れをしたり、

約束の日時を間違えてしまったり、

といったことが度々起きるようになってしまったとのこと。

 

お話を伺う過程で、

年齢を重ねて、体も弱くなり、

今まで当たり前にやっていたことができなくなってしまう、

という喪失感のようなものもやはり感じられました。

記憶が曖昧になってしまい、自分が「今までの自分」でなくなってしまうような。

 

そんな思いを、はっきり意識されないまま、

髪を抜いてしまうという行動で表現されていたのだろうと思います。

 

また、「髪は女の命」という言葉もあるように、

女性性と髪には深い関係があります。

 

上記の方も、おそらく、年齢を重ね、ご自分の女性らしさが失われていくことがとても辛かったのでしょう。

 

言葉で表せないこころの状態や思いを、髪が代弁していたケースだと思います。

 

残念ながら、わたしはこの方の初回面談のみの担当だったため、

その後どうなさったのか分かりません。

 

でも、「髪を抜く」という行為があっても、

どこか可愛らしい雰囲気と、

自分らしさを失わないでいる強さを感じられる方でした。

 

いくつになっても、わたしも、この方のように、自分らしくありたいと思っています。

あなたもそう思われますか?

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

<前のブログ      次のブログ>