· 

自分で自分を幸せにすること。

自分で自分を幸せにすること。

「わたしは今、幸せ?」その質問にどう答えますか?

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

 

突然ですが、

「今、あなたは幸せですか?」

 

家庭や職場など、外側からの音や声にばかり耳を傾けてしまいがちな、

毎日忙しく暮らしているあなた。

 

この質問に、どう答えますか?

 

今日は、自分を幸せにするということについて、お伝えしたいと思います。

 

日頃、正面から考えることもないかもしれませんが、

からだやこころのバランスを整えることの延長線上には、

あなたが幸せでいることが大切です。

 

続きをお読みいただいて、あなたが幸せになることを、少しでも考えて頂けると幸いです。

 

わたしが高校生の頃、

ある女性ジャーナリストの本で読んだエピソードです。

 

もう随分昔の話になりますが、

今でもはっきりと記憶に残っています。

 

あるアメリカ人のキャリア女性のお話なのですが、

彼女は、毎朝目が覚めると、ベッドのなかで、

 

「わたしは今幸せ?」

 

と自問するのだそうです。

 

その答えが「ノー」だった時には、

仕事を変えるか、

パートナーを代えるか、

ヘアスタイルを変えるのだそうです。

 

「そんなに簡単に変えるものなの?」

と当時、わたしは驚きましたが、とても印象に残りました。

 

でも、その後の人生で、度々このことを思い出し、

やっぱり、これはとても大切な習慣なんだ、と思います。

 

仕事を変えるとかは、日本のわたし達の状況では難しいこともあります。

 

けれども、変える・変えないではなくて、

この女性のように、

「自分は幸せなのか」ということを、

日頃から自分で確かめることが、

からだやこころのバランスを保つためにも、必要なことです。

 

そして、「ここぞ」という時には、

「自分で自分を幸せにする」ために行動することも、やはり大切なことではないでしょうか。 

 

自分の力で、自分にとって不幸な状況を変え、幸せになる。

 

そういう生き方を選ぶ力が、あなたにもあるはずです。

 

もちろん、日々の生活のために、外側の声をしっかりと聴き、応えていくことは必要不可欠なことです。

でも、あなたが幸せに生きることも、同じように大切なことではありませんか?

 

少なくとも、

あなたの幸せについて、あなたが考えるための時間。

それだけは、確保することをお勧めします。

 

あなたには、もともとあなたに備わっていた、

自分が幸せに生きるための力があります。

 

まさにその力が、自分自身を癒し、自分のために必要な行動をする源なのです。

 

そして、その力が、あなたが大切に思う人々のために行動する力にもなるのです。

 

まずは、あなたが幸せになりましょう。

 

 

仕事やパートナーまで変えるのは難しいけれど、

ヘアスタイルなら大丈夫ですよね。

 

明らかに負担になっていることを見直してみるのもいいと思います。

または、より幸せな自分でいられるように、何か新しいことを始めるとか。

 

「わたしは今幸せ?」と言う問いに、

あなたがはっきりと「イエス!」と言えるように、

わたしはあなたをサポートしていきます。

 

 

<前のブログ      次のブログ>