続・心身の健康のための3つの習慣+α

続・心身の健康のための3つの習慣+α

あなたにとって、必要なバランスを見つけましょう!

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

前回のブログに引き続き、 

心身の健康のために、

気をつけていただきたい習慣についてお伝えします。

 

前回、 

心身の健康のために、

絶対外してはいけない習慣は、

①食事

②睡眠

③運動

この3つのうち、①食事、②睡眠についてお伝えしました。

 

今日は③運動、

そして、プラスアルファについてお伝えします。

 

これは、大きく好みが分かれる習慣かもしれません。

 

元々身体を動かすのが好きな方、あまり好きでない方がいらっしゃいます。

 

ここでも大切なのは、

あなたが無理なく、心地よくできることです。

 

そして、「運動しなくては!」と意気込み過ぎないことです。

 

何かスポーツをするとか、

ジムに行くことだけが運動ではありません。

 

掃除や買い物など毎日の家事だって、

からだを動かそうと、意識してやれば、それで十分な運動になります。

 

「ジムに行かなきゃ!」

よりも、

例えば、床の拭き掃除をするとか、

買い物する時に車を使わないとか、

なるべく階段を使うとか。

 

週1日ジムでまとめて運動するよりも、

普段の生活のなかで、

こまめに、からだを動かすことをお勧めします。

 

その方が「ジムに行くのが面倒」にならなくてすみますし、

時間もお金もかからず、

しかも、気分転換にとても良いからです。

 

意識して「からだを使う」ことを、

毎日積み重ねていくと、

頭ばかり使うことが多い日々のなかで、

心身のバランスを整えることにつながります。

 

スポーツのように、勝ち負けを競う必要もありません。

適度にからだを動かして、肉体的に疲れると、寝付きもよくなる場合も多いです。

 

あなたが無理なく出来る範囲で、

あなただけのために、

やってみてください!

 

さて、①食事②睡眠③運動の3つの習慣をお伝えしました。

残りの

プラスアルファは?

 

ストレスケアです!

 

③運動とも関連するのですが、

何かと情報が多く、

その情報を処理するために、

あなたも、頭ばかり働いてオーバーヒート気味ではありませんか?

 

なので、

どんなことでも構いません。

 

働き過ぎた頭を休め、

あなたが、ただ純粋に、

「心地いい」「気持ちが安らぐ」と思うことを、

自分だけのために、

自分で自分をケアするという気持ちを込めて、

やってみてください。

 

①食事とも関連しますが、

本当に「美味しい」「癒される」と、

こころから実感して食べることが出来れば

ケーキを食べることも、

大切なストレスケアになります。

 

仕事の合間に、

5分でも目を閉じて、

ちょっとゆっくりするだけでも、

「自分のために、自分をケアする」という、

意識を持ってやれば、

それだって十分なストレスケアです。

 

ストレスケアは特に、

「無理しない」

「頑張らない」

「過度にやらない」

ことが大切です。

 

大好きだったはずの趣味も、

無理して、

頑張って、

やり過ぎるほど

やってしまっては、

ストレスケアではなくなってしまいます。

 

それ自体がストレスとなってしまいますよね。

 

なので、

純粋に「楽しく」やれる範囲で。

 

いかがでしたか?

 

心身の健康のための3つの習慣+αをお伝えしました。

 

特に目新しいものではなく、

常識的なことですが、

大切なのは、

 

「あなたがどう感じるか?」

 

ということです。

 

みんなが良いと言うから、とか、

有名なお医者さんが良いと言うから、とか、

外側の情報よりも、

他でもない、あなたが感じることを、優先しましょう。

 

あなたのからだやこころを健康にできる人は、

あなた自身しかいません。

 

最初は試行錯誤になるかもしれませんが、

あなたの感覚を信じてあげれば、

必ず、あなたに合った方法が見つかりますよ。

 

あなたが健やかな毎日を送れますように。

 

わたしにお手伝いできることがあれば、

もちろん、喜んでお手伝いいたします。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。