続・親との関係に悩むあなたへ

続・親との関係に悩むあなたへ

親の感情・気分と、あなたの感情・気分は、別々のものです。

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

前回のブログ▶に引き続き、

今回も、このテーマで少し。

 

前回、

あなたには、これからのあなた自身を幸せにしていく、

自分なりの力があるのではないでしょうか?

 

ということに、

気付いていただきたい、とお伝えしました。

 

そうは言っても、なかなか難しい。

ですよね?

 

わたし自身の経験、

他の多くのクライアントさん達のお話から、

 

「わたしにも、自分なりの力がある」ということが、

自分で分かりづらくなっている、

ある状況が見えてきました。

 

今日は、そこをお伝えしたいと思います。

 

これをお読みいただくと、

親との関係について、何だかモヤモヤしてたものが、

少しスッキリするかもしれません。

 

親との関係に悩む人の多くに、

「親の気分や感情=自分の気分・感情」

になってしまっている方がいらっしゃることに気付きました。

 

本来、親の気分・感情と、

あなた自身の気分・感情とは、

別々のもののはずです。

 

だから、親がいくら不機嫌でも、それは親側の事情。

あなたまで不機嫌になる必要はないはずなのです。

 

ところが、たいていの場合、そういうわけにはいきません。

 

親の気分、特に不機嫌だったり、イライラしている雰囲気は、

空気を伝わって、

あなたの方に感染してきます。

 

そうすると、あなたにも、

あっという間に、不機嫌やイライラした気持ちが生じてきますよね。

 

自分で自分の感情を味わったり、コントロールできる、という感覚があると、

自分には、「それだけの力がある」と、

実感できるきっかけになります。

 

なので、

親の気分や感情を、

敏感にキャッチしてしまい、

すぐに巻き込まれてしまうと、

親に対して、

「自分が支配されてしまっている」とか、

「私は何もできない」とか、

無力感を持ちやすくなってしまいます。

  

あなた自身の感情や気分を持つ自由を、

自分に対して許し、

自分の感情や気分を守っていくことが、

そんな無力感から少しずつ抜け出すための、

最初の一歩になります。

 

親の感情なのか、自分の感情なのか、

ごちゃごちゃ状態にしないように、

自分だけの感情・気分を再確認することが大切になってきます。

 

自分のなかの感情や気分が、

親とやり取りして、どう変わったのか?

 

湧いてきた感情は、自分のなかから湧いてきた、自分だけのものなのか?

それとも、空気を伝わってきたものなのか?

 

無理なく出来る範囲で、

一つ一つ見つめ直してみることをお勧めします。

 

最初は少し面倒ですが、

やっているうちに、

自分の感情と、相手の感情をちゃんと区別したり、

相手に飲み込まれずに、

自分自身の感情のままでいられるようになります。

 

また、

自分だけの感情・気分を再確認するために、

手助けとなる強力なツールがあります。

 

それが、あなたの体感です。

例えば、痛みなどの、からだで感じる感覚は、紛れもなくあなただけのもの。

 

体感と感情はやっぱりつながっていますから、

ご自分の体感を、より、はっきりと感じられるように、トレーニングしていくと、

自分の感情や気分も、より、はっきりと実感できるようになるので、

他の人の感情・気分と区別しやすくなります。

 

体感を養っていくためには、

ヨーガやボディワークがもちろんイチオシですが、

自分のペースや身体感覚を確かめながら歩くことでも、プラスになります。

 

どんなに小さなことからでも、「自分を変えたい」と思って始めれば、

必ず、変化は訪れます。

ぜひ、お試しください。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

前のブログ      次のブログ>

 

新宿・神楽坂のヨガ・カウンセリングなら、女性専用ゆいセラピー かぜのねへ。

最近もやもやする、自己肯定感を高めたい、仕事のストレスを改善したい、本当の自分を知りたいなど、

あなたの悩みをお聞かせください。

心と体の両面から改善していきます。