正しい姿勢がこころの健康に役立つ?

正しい姿勢がこころの健康に役立つ?

正しい姿勢は一生モノのスキル!

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

「私って猫背なのよ~」

「整体に行ったら、反り腰だって言われた。」

「何かとストレス溜まるわぁ」

というあなた。

 

日常の姿勢はいかがですか?

 

姿勢に気を付けているつもりだけど・・・

 

ふと気づくと、前屈みになってしまっていても、

「まあ、多少姿勢が悪くても、別に、たいしたことないでしょ。」

と気にも留めずにいるあなた。

 

実は、姿勢を取るということは、

決して生理的な反応ではないのです。

 

そうではなくて、あなたが意図して、

努力して行っている心理的な作業なのです。

 

「え?そうなの?」と、ちょっとビックリしたあなた。

 

これを読んでいただくと、

正しい姿勢が、からだの健康だけではなく、

ストレスなど、こころの健康に深くつながっていることがご理解いただけると思います。

 

ではでは。

 

まずは「正しい姿勢とはどういうものか?」

というと。

 

正しい姿勢とは、

 

① 頸から肩、背中、腰までの中心が真っ直ぐに通っていて、軸がちゃんと直に立てられていること。

② お尻が引けていない状態で、股関節と膝関節も真っ直ぐに伸びていること。

③ その形を保ったまま、重心は踵側に、全体重を足の裏全体で支えていること。

 

そしてからだ全体に、柔軟でもしっかりとした力が入っていること。

というのが理想です。

 

普段何気なくやっていることですが、

ちゃんとやろうとすると、こんなに意外に大変な作業なんですよ!

 

なぜかというと。

 

わたし達が生活する地球には、重力があります。

なので、何も意識していないと、

当然、からだは重力に従って、横たわったまま。

 

背骨を立ち上げるというのは、

地上にいる限り、抗えない地球の重力に対して、

自分のからだを

自分の意思と

自分の筋力で

真っ直ぐに立ち上げようとした、努力の結果なのです。

 

なので、何らかの姿勢を取るというのは、

れっきとした、あなたの努力を伴う、心理的な活動なのです。

 

なぜ、努力していることが、日常生活で意識されていないのか、というと。

 

誰にでも、赤ちゃんの頃から、あまりにも当たり前にやっていることなので、

日常的過ぎて意識されることはほとんどない、というだけなのです。

 

ですが、今背骨を立てている状態を保っている以上、

誰でもこういう無意識のうちにはちゃんと努力をしているのです!

 

そして、

からだの姿勢=こころの姿勢

なのですが、

 

それは、重力に対して、

こうすれば自分の力で立てるし、正しい姿勢を作って、

それをちゃんと維持していけるという、

自分自身に対する信頼感が生まれるからなのです。

 

いつもいつも、わたし達は、「姿勢を取る」ということで、

本当は自分のからだを使って、

重力という外部の環境に対して、

自分が能動的に働きかけ、

意識的な努力をして、

「姿勢を取っている」という成果を得る体験をしています

 

重力に対して、自分のからだを真っ直ぐに立てるということは、

実は、重力が支配する世界に対して、

自分のからだを適切に位置づけ、

自由に努力している自分がいるということの証明になるのです。

 

上述した、「正しい姿勢」を取ると、

自然に必要なからだの部分に、必要な力が入り、不要な力が抜けて、

自分の足でちゃんと大地に立っている、

という感じが、グッとあなたのからだで体感できます。

 

このまさに、「自分がここにいる」という感覚が、あなたの気持ちを安定させていきます。

 

なので、正しい姿勢が心理的な安定感や自信を導くのです。

 

言葉でこういうふうに書いてしまうと

「はあ?」と

却って分かりづらくなるかもしれませんが、

簡単にできますから、

ぜひ、あなたのからだで少し試してみてください。

意外と繊細な感覚があることに気付けるはず。

 

本当に姿勢って侮れませんよね。

正しい姿勢を身に付けることは、一生モノのスキルになるかも?

 

きっと、

あなたも「姿勢に気を付けよう!」という気持ちになって下さったのではないか、と思います。

 

最初は、「正しい姿勢」といっても、

バランスが取りづらかったり、逆にふらふらした感じになるかもしれません。

 

コツコツ、気が向いた時だけにでも、意識していくと、

必ず変わってきます。

 

わたしのセラピーでは、このことを特にお伝えしています。 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。