ネガティブ思考と引き寄せの法則

ネガティブ思考と引き寄せの法則

ネガティブな感情も、あなたに大切なことを伝えています。

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。

 

いつでも、どこでも、

「ポジティブ思考が大事!」と

うるさいくらい(笑)言われています。

 

書店でも、「どうしたらポジティブ思考になれるか?」

みたいな本が山積みに。

 

まるで、「ポジティブ思考でないとダメ」

みたいな風潮があるように感じます。

 

「ポジティブ思考になれない私はやっぱりダメなんだ」

と自分を責めてしまいやすいあなたのために。

ご自分を責めたりせずに、気が楽になることをお伝えします。

 

「ポジティブ思考になれば全てうまくいく」

そうかもしれませんけど。

(わたしなんかは、正直、ウソだ〜みたいに思っちゃいますけどね。)

 

実際のところ、

思考をポジティブにすることより、

楽に生きられるようになりたい、

というのが、本音ではありませんか?

 

最近のポジティブ思考の考え方には、

ひとつの傾向があるようにわたしは感じます。

 

それは、ポジティブ思考でいると、

良いこと、幸運を引き寄せて、

ネガティブ思考でいると、

悪いこと、不運を引き寄せてしまう、

という法則?理論?がかなり強調されていることです。

 

もし、本当にそうであれば、

不運は当然嫌ですから、

頑張ってポジティブ思考にならなくちゃ、

と思ってしまうのは、

自然なことですよね。

 

何か嫌なハプニングがあったら、

きっと、自分がネガティブ思考だったからだ、

と気になったり、

ネガティブ思考のままでいて、

もっと悪いことがあったらどうしよう?と不安になってしまいそう。

 

だから、ネガティブ思考を恐れてしまう気持ちがどうしても湧いてきてしまいますよね。

 

そういう、法則があるのかどうか、わたしには分かりません。

 

ただ、運が良いことも、悪いことも、

両方ともあるのが自然なことだと思うのです。

 

幸運も不運も、同じひとつの物事の、見方を変えたものに過ぎないからです。

 

例えば、運動会の予定の日に、雨が降って中止になったとします。

あなたはどう感じますか?

やっぱり不運だと思いますか?

 

もし、あなたが運動が苦手で、運動会が嫌いだったら、幸運だと思うのでは?

 

こんなふうに、雨が降るという事実は変わらないのに、

その時の状況で、幸運だったり、不運だったりします。

 

また、同じひとつの物事が、あなたにとっては、幸運でも、他の人には不運かもしれません。

 

また、わたしも経験から、肩を痛めてヨガが思うように出来なかったことがありました。

その時は、心底不運だ、何でこんなことに?

と思ったのですが。

 

振り返ると、

あの時、動きたくても動けなかったことで、

かえって、ヨガをより深く学ぶキッカケになりました。

なので、今は幸運だったな、と思っています。

 

幸か不幸かというのは、一時の判断で単純に決められるものではなくて、

後になってみると、幸か不幸かの評価も変わってくるものではないですか?

 

なので、必ずしも、ネガティブ思考=不運のもとになる、

とは言えないような気がします。

 

また、ネガティブ思考というのは、

人間にとって不可欠なもの。

 

なぜなら、不安や恐怖は、

あなたに危険を知らせる信号の役割があるからです。

 

人間は、未知なものを見ると恐怖を覚えることで、

迫りくる危険を回避し、自分の命を守って、生き残ってきました。

将来に対する不安から備えをすることで、

様々な自然災害などの影響を少なくし、やはり生き延びてきました。

 

ですので、ネガティブな思考は、人類が生存していくために、必要不可欠なものなのです。

 

罪悪感や孤立感、劣等感などのネガティブな思考は、

あなたに本来向き合うべきものを教えてくれる感情でもあります。

 

こころのなかで起こることに無駄なことや、それ自体が害になることはありません。

ネガティブな感情が起こっても、

決して恐れたり、

ご自分を責めたりしないで、

丁寧に受け取ってみてください。

 

あなたが本来のあなたらしく生きるために、

必要な何かに気付くチャンスです。

 

あなたにとって一助となれば嬉しいです。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

前のブログ      次のブログ>