ゆいセラピー 効果の根拠

ゆいセラピー 効果の根拠

からだの感覚、動きを扱うことがこころのケアに直結します。

こんにちは。ゆいセラピーかぜのねです。 

 

もし、あなたが以前、

困ったことを何とかしたい、と。

 

言葉によるカウンセリングを受けたけど、効果が感じられなかった。

効果はあるけれど、時間がかかり過ぎて、途中で止めてしまった。

カウンセリングにかかる時間とお金を考えて諦めた。

 

こんな経験をされたのであれば、

ぜひ、こちらをお読みになってみてください。

 

あなたの不調を改善するために、

カウンセリングだけではない方法もあることに、

気付いていただけると思います。

 

ゆいセラピーは、

心理カウンセリングとボディワークを組み合わせる、

独自のメソッドを用いたセラピーです。

 

ゆいセラピーでは、何よりも、

あなたの「からだの感覚」

実際に感じられる「体感」に基づくセラピーを展開しています。

 

なぜ、体感を扱うことが、

こころのケアにつながるのか、というと。

 

私たち人間は、ザックリ申し上げますと、

認知⇔感情⇔感覚運動

と、上から順番に3つのレベルによって成り立っています。

 

(脳の構造をきちんとご説明すると、

医学的に根拠があることを、もっとご理解いただけるのですが、

ここでは割愛させていただきます。)

 

①認知(考える脳、物事を考えたり、判断や意味づけをする)

②感情(感じる脳、喜怒哀楽、様々な情感を表現する)

③感覚運動(行う脳、運動作用する、防衛的な反応をする)

この3つは、互いに影響し合っているのです。

 

普通、一般的な成人では、認知→感情→感覚運動

と、トップダウン方式で何かの行動が行われます。

 

例えば、焼き立てのクッキーを見ると、

「クッキーだ!」と脳の高次の部分が認知し、

「美味しそう!」「いい匂い!」と感情が湧き、

「買って食べる」、という行動が起こります。

 

一般的なカウンセリングは、

基本的に「認知」のレベルに働きかけ、変化をもたらそうとしています。

 

その「認知」に働きかける方法として、

対話、言葉によるコミュニケーションを使っているのです。

 

しかし、認知のレベルはなかなか変化しません。

 

生まれてからのさまざまな経験の積み重ねによって出来上がったものだからです。

その人の価値観や人生観なども含まれます。

 

「問題を解決したいなら人生観を変えろ」と、

急に言われてもなかなか無理ですよね。 

 

だから、言葉によるカウンセリングはとても時間がかかってしまうのです。

 

そこで、現在では、

からだの感覚、感覚運動にアプローチする方法が、

盛んに研究されてきています。

 

感覚運動→感情→認知

 

と、からだの動きや感覚を整えることから始めるボトムアップ方式です。

 

ボディワークをやってからだが楽になった→なんだか気分が良い→私は大丈夫だ!

 

という図式になります。

 

3つは互いに影響し合っていますから、

感覚運動、つまりからだの動きや状態が良くなれば、

当然感情や認知もより良く変化していきます。 

 

つまり、からだの感覚は、

当然、こころの感覚ともリンクしていますから、

 

からだの感覚を通して、

からだが、リラックスし、安心し、大丈夫だ、と感じることが出来れば、

 

こころも、

リラックスし、安心感、ご自分に対する信頼感が、当然芽生えてきます。

 

感覚運動にアプローチするのは、難しいテクニックは必要ありません。

やってみようと思えばどなたでもできます。

 

それに、言葉によるカウンセリングと違って、

からだが楽になる、スムーズに動けるようになる、

という、確かな実感があります。

 

やれば楽になる、ということが分かれば、からだは自然に続けようとします。

だから無理をしなくても、少しずつ、やり続けることが出来るのです。

 

その結果、こころの状態も、改善されていきます。

 

からだの感覚を扱うことが、心理的なケアにつながることが、

ご理解いただけましたでしょうか?

 

ここでのセラピーでは、こうした確実な根拠に基づき、

安心できるセラピーを提供しています。

 

そしてからだという、実体があるものを扱っていくことで、

確かな効果・実感が得られます。

 

さらに、心理カウンセリングとボディワークという、

トップダウンのセラピーと、ボトムアップのセラピーを併用すると。

相乗効果も生まれて、より効果的なセラピーになります。

 

こんな方法があるということを、皆さまにぜひ知っていただきたいです!

 

もし、ご興味を持たれた方は、実際に体験していただくのが一番なので、

 

はじめのセッション

 

をご検討下さい。

 

また、余談ですが、名前の由来を。

 

ゆいセラピーの「ゆい」とは、「唯」から来ています。

 

ここだけのオリジナルメソッドを提供しているからです。

それと、あなただけの、今だけの、他にはない、セラピーだからです。

 

同時に、「結ぶ」という意味もあって、

心と体がしっかり結ばれて、健康であってほしい、という願いを込めています。

ヨーガのもともとの語源は「結ぶ」という意味でもあります。

 

「かぜのね」は風の音という意味です。

風の音を聴くように、自分の内側にゆっくりと耳を傾けてほしいからです。

 

また、「ね」には根という意味もあります。

誰でも自分の根、自分の軸を持っています。

 

いつも、どんな状況でも、あなたに自分軸であってほしいと願っているからです。

 

あなたのお役に立てたら嬉しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

 

 

前のブログ      次のブログ>

 

新宿・神楽坂のヨガ・カウンセリングなら、女性専用ゆいセラピー かぜのねへ。

最近もやもやする、自己肯定感を高めたい、仕事のストレスを改善したい、本当の自分を知りたいなど、

あなたの悩みをお聞かせください。

心と体の両面から改善していきます。