困った問題の奥に隠れている、もっと本当の問題を知る

自分に自信を感じられた!


臨床心理士&ヨガセラピストの澤田 ちさこ です。 

 

前回のブログで、強い口調で責められると、頭が真っ白になってしまう症状が出てカウンセリングを受けたという話の続きです。

 

産業カウンセラー協会付属の相談室で女性カウンセラーとの面談を、なぜか、私は切り捨てられたように感じて、終了することにしました。

 

その後も、私は上級カウンセラーになるための学びを続け、他のセラピーを受け、もちろんヨガの練習を続け、自分と向き合い続けて、2年くらい経ったある日。

 

その日も混雑していたハローワークで、面談の最中に、ある年配の男性相談者が、ご自分の勘違いから急に大声を出されました。

その瞬間、私は、頭が真っ白にならないでいる自分に気が付きました。

そして、その方が誤解されていることを、事実に基づいて、はっきりと説明することができました。すると、その方は不満を漏らしながらも納得して帰られました。

 

私はごく自然な感じで、そういう対応が出来たことに、自分でも驚きました。

治った・・・

何かが劇的に効いたという記憶はなく、いろいろやったことが、積み重ねられて、総合的に効いたのだと思います。

良かった~と同時に、自分に、それまでになかった、自信を感じられました。

 

新たに見えてきた母との関係


臨床心理士として、このクライエント体験を改めて見直すと、もう一つセラピーのうえで、重要なことに気付きます。

 

それは、担当カウンセラーに「切り捨てられたように」感じたことです。

彼女は、残念ながら、私が本当に話したいことに正面から向き合ってはくれませんでした。が、別に私を切り捨てようとしたわけではありません。

ところが、私は確かにそう感じた。

 

それこそ、精神分析で言う「転移」だったのです。

「転移」とは何かというと。

私たち人間は、幼い頃に、自分を育ててくれる人(両親、特に母親の場合がほとんど)との間で、その後の人間関係のベースになる枠組みを作り上げます。その枠組みに基づいて、現在の人間関係を体験します。その枠組みに基づいた感情や行動などが、セラピストとの間で起こることを、転移と言います。

 

私は担当カウンセラーに対して、切り捨てられたように感じたのは、私が以前、母親に度々切り捨てられたように感じた経験をしていて、それが、カウンセラーとの間で再び起きていたからなのです。

 

私の母は、自分が気に入らないことや、自分の許容範囲を超えることに関して、すぐに切り捨てで無視するタイプでした。私は母との関係で、本当に話したいことを最後まで聴いてもらえず、切り捨てられた気分を何度も味わってきたのです。

 

なので、私は、母に対して、自分が本当に思っていることをあまり表現しないできました。(話してもどうせ聞いてはもらえませんし、かえって面倒くさがられたり、嫌な顔をされるのも嫌なので。)

 

数年前に、母と口論になり、その際、母が「何も話してくれなかったの?」と言い出したほどです。

 

担当カウンセラーとの間で、このことを話し合えていれば、もっと早く自分のことが分かるようになっただろうな、と思います。

が、一方で、分からなかったからこそ、学びや探求を通じて、またいろいろな経験ができたことも事実です。

今は、そうした私の経験が、あなたのために役に立つのであれば、まあ、いいか、という心境です。 

丁寧に見つめていくこと。


強い口調で責められると、頭が真っ白になるという体験は、以前、父に怒鳴られた時にそうなった感覚と同じであることが、その時のカウンセリングから明らかになりましたが、この「頭が真っ白」感覚を、もっと丁寧に見ていくと、やはり、母との関係においても、同じような感覚を持ったことがあることが分かります。

 

母は変に論理的な思考の持ち主でした。

子供は理由がなくても、ただ遊んでいて、いたずらすることもあります。

そういう時、母は「なぜこんなことをしたの?」と問い詰めるのでした。

理由は、分かりません。

ただ、楽しかったので。

私が「分からない」と正直に答えると、母はさらにキツイ口調で、「知らないはあるけど、分からななんて無い!何でやったのか、ちゃんと言いなさい!」と尋問するのでした。

どうしようもなくて、私が泣き出しても。

この時も、まさに頭が真っ白、という同じ感覚になっていたのでした。

 

私の場合は、何かにつけて、父との関係の方が前面に出ることが多く、私自身もずっとそうだと思い込んでいました。

ところが、不調に悩み、自分と向き合ったところ、表面から見えないだけで、本当は母との問題の方が根深く、私の葛藤として存在していたことが分かりました。

 

今も、全て解決したわけではありません。

しかし、問題がどこにあるのか、なぜ葛藤してしまうのか。

そこが理解できたので、今では、葛藤に巻き込まれないでいられるようになりました。

 

葛藤があることも、自分の一部だと受け入れることができるようになり、一日一日、より自分らしい自分に近づいている、と言えるようになりました。

 

こちらをお読みになって、あなたにも思い当たることがあれば、喜んで私にお手伝いさせてください。

 

Twitter始めました。

ちょっとしたアイディアや、日常生活のこと、お知らせなど、つぶやいています。

お気軽にフォローをお願いします。

友だち追加

LINEにご登録いただけますと、からだとこころのケアに役立つ情報など、お届けいたします。

LINEからのご予約も可能です。


新宿・神楽坂のヨーガ・カウンセリングなら、

女性専用ゆいセラピー かぜのねへ。

 

最近もやもやする、

自己肯定感を高めたい、

仕事のストレスを改善したい、

本当の自分を知りたいなど。

 

あなたの悩みをお聞かせください。

心と体を一体として改善していきます。