からだとこころのこと

突然ですが、人生の目的とは? 何だか深刻な話題のようですが、そうではありません。 とても素敵な言葉を見つけたので、ご紹介したくなったのです。 日頃私がよく飲んでいるヨギティーというハーブティーがあり、英語のメッセージが付いています。様々なものがあるのですが、今回「これは!」と思ったのがこの「人生の目的」なのです。

以前、鍼灸の先生にも「からだからのシグナルをきちんとキャッチしなさい」と言われたことがあります。 深刻な病気となる前にも、からだは何かの不調、違和感、痛みとして信号を送っています。それに早く気付いて対処することが、病気を予防し、より健康でいるための秘訣となります。

GWの10連休も終わりましたが、皆さまはどのように過ごされましたか? 私はこちらの「身体が『ノー』と言うとき」という本をずっと読んでいました。 健康であるということ、からだとこころのつながりについて、とても大切なことを教えてくれる本でした。内容を少しご紹介します。

プライベートのヨガレッスンの後、「こんなに簡単なポーズもできないんだなということがわかりました。」との感想を述べられる方が多くいらっしゃいます。 ヨガでも、カウンセリングの過程でも、このことは大切な気付きだと思います。

今、心身の回復を目的としたヨガを集中して実践しています。 からだが新しく、より良いバランスを取ろうとしていることを実感する毎日です。 が、思ってもみなかったからだの不具合があることにも気付きました。 自分でも知らない自分のことがたくさんあることに改めて気付きます。

ノーベル賞の授賞式の様子をテレビで見ました。 受賞者の方からは、どの方も皆、奥に秘めた意志の強さのような雰囲気を感じます。 ふと、以前ヨガの先生の言葉を思い出しましたので、ご紹介いたします。

すっかり秋らしくなりました。 私たちが、どこで、何をしていようと、何を感じていようと、季節は定期的に、必ず変化しています。 最近、時間の流れ方について感じたことが多くて、少しご紹介してみようと思います。

長年ヨガをやっていても、自分について、新しい発見がたくさんあります。最近、ヨガの練習を通して、自分のからだに対する思い込みを手放す機会がありました。こうしたヨガがこころに与える効果についてお伝えします。

お休みの日など、本当はリラックスしたいのに、なぜか、緊張感が取れないことがあるかと思います。 なぜそうなってしまうのか、からだの無意識的な緊張感や、ストレス状態についてご紹介しています。

以前、突然右腕が上がらなくなってしまったことがありました。その経験から学んだことをご紹介します。 私たちは、痛みがあったりすると、そこだけを気にしてしまい、ダメだ、できない、と思いがちです。 でも、果たしてそうなんでしょうか?

さらに表示する