わたしのセッションのこと

「私はアダルトチルドレンですか?」「私は何か病気でしょうか?」「私はHSP気質ですか?」 セラピーの際に、こんなご質問を受けることがあります。 わたしの答えはただ一つ。 「分かりません」 わたしは医師ではないので、医学的な診断はできませんし、その方法も知りません。 心理検査であっても、その結果だけで何かの診断が下されることは通常あり得ません。あくまでも、判断材料の一つに過ぎないのです。 何よりも、わたしは、あなたを型にはめて決めつけたくないのです。

こちらの看板メニュー「ゆいセラピー」は、なるべく楽に早く、こころとからだの調子を整えられるように、わたしなりの実体験から編み出されたものですが、 「実際のセラピーはどんな感じ?」 という疑問にお答えします。 毎回セッション前に、その日の体調や気分、気を付けてほしいこと、などをヒアリング。その日のあなたにとってベストな内容になるようにします。 毎日毎日、からだの感覚は違いますし、決まったマニュアルはないので、続けてやっても全く同じ内容になることはありません。いつもいつも、新しい感覚、新しい何かに気付くことが出来ますよ!

もし、あなたが以前、困ったことを何とかしたい、と。 言葉によるカウンセリングを受けたけど、効果が感じられなかった。効果はあるけれど、時間がかかり過ぎて、途中で止めてしまった。カウンセリングにかかる時間とお金を考えて諦めた。 こんな経験をされたのであれば、ぜひ、こちらをお読みになってみてください。 あなたの不調を改善するために、カウンセリングだけではない方法もあることに、気付いていただけると思います。

「ありのままのあなたでいい」「あなたはそのままで大丈夫」「あなたは完璧」ネットでカウンセリング系とか、スピリチュアル系のサイトを見ますと、度々こんな言葉を目にします。 これを読んで、あなたはどう思われますか? 自分で「ありのままのあなたでいられるように」ということを謳っていながら矛盾しているようですが、わたしは正直「はあ?」という感じです。 あまりにもポジティブ過ぎる言葉に違和感があって、カウンセラーを敬遠しているあなたも、もしかしたら、少し見直していただけるかもしれません。

心身の不調を改善したくて、病院やクリニック、整体や鍼灸などに通ったけれど、あまり改善しなかった。 いつもモヤモヤしてしまうのを、スッキリさせたくて、コーチング、自己啓発セミナー、カウンセリングなどやってみたけれど、一時的にはスッキリしても、またモヤモヤしてしまう。 わたしも自分の経験から「良いかも?」→「やっぱダメだ」と、希望と絶望の繰り返し、みたいな状態の、何ともモヤモヤする感じがよく分かります。 そんなあなたのために、希望と絶望の繰り返しループから抜け出すために、ちょっと立ち止まって、考えてみて頂きたいことをお伝えします。

昨今の日本には、たくさんのセラピーがあります。 心理カウンセリングひとつとっても、さまざまな流派やメソッドがあります。 あなたがどこかに相談したくなった時、どれを選ぶのか? 迷いますね。 今日は、わたしのカウンセリング、セラピーの基本的な考え方をご紹介します。 あなたがカウンセリングルームを選ぶ際の参考にしていただければ嬉しいです。

いま現在、不調や不快感を改善していく方法として、あまた有効な方法がたくさんあるなかで、ゆいセラピーと他のセラピーとの違いをお伝えします。 なるべく人に頼らず、自力で、いろいろな問題を解決するにはどうすればいいのか?と、試行錯誤中の方に向けて、一助になれば幸いです。

カウンセリングには様々な技法や理論、方向性がありますが、いつも私が、どんなことを考えながらカウンセリングをやっているのか、お話しようと思ってます。 カウンセラーの人間観みたいなものにご興味を持たれた方は、お読みいただけると嬉しいです。

「はじめのセッション」では、あなたが今困っていること、改善したいこと、体調、症状、セッションへのご希望など、あなたのことを少し教えていただきます。 あなたが本当に抱えている悩みや、 本当に解決したい問題はどんなことなのか、整理していきます。 はじめのセッションの第一の目的は、「あなたの本当の悩みは何か?」をはっきりさせることです。 はじめのセッションの第二の目的は、ミスマッチを防ぐこと。 かぜのねでのセッションをご検討中の皆さま、どうかご一読ください。