プロフィール

アバター

わたしにご興味を持ってくださり、ありがとうございます。
ここでは、このサイトの管理人 澤田ちさこ の自己紹介をさせていただきます。

もともと人付き合いが苦手だった私が、試行錯誤、紆余曲折を経て、バリバリの対人業務をライフワークとするようになるまで。
少し長いですが、お付き合いください。

これを読んで、あなたも、「私もきっと大丈夫!」と思ってもらえると嬉しいです!

心身ともに絶不調を経験して・・・

わたしは小さい頃から、とにかく人づきあいが苦手、
でも人のこころ、生き方にすごく興味がある、という少々変わった子でした。
当時から花粉症や湿疹、軽いアトピーに悩まされていました。

高校生の頃、心理学の本を読み漁っては、心理カウンセラーになりたくて。
行きたかった心理学科の大学に合格したのに、なぜか父親の大反対で、結局そこには行けず。

他の大学に入学したものの、雰囲気的になじめず、卒業まで友達はゼロ。
今から約20年前のことで、当時は就職氷河期。
父親のコネを蹴ってしまい、結局、就職失敗組。
大学を卒業するも、結局新卒派遣という奇妙な働き方へ。

自分にはスキルもない、経験もない、要領も悪い、そのうえ通勤途中にパニック発作らしきものを経験。
結局退職するしかなくて。
悔しくて、何もない自分を埋めたい一心で、猛勉強の末、25歳で社会保険労務士の資格を取得。
リベンジを目指すもまた挫折。

その間、母親の病気、父親と大衝突、両親の離婚騒動などなど、重なって。
一時期は、からだもこころも完全に疲れ果て、横になっていることしかできない有様。

不眠とメンタル不調で精神科通院。
それなのに、病院では、あまり相手にしてもらえない、という事実に突き当り。

そこで、「もう自分で何とかするしかない」と。
健康法、食事療法、操体法、自力整体などなど、探究活動の結果、ついにヨガに出会いました。

ヨガと出会って元気に! でも・・・

おかげで体調が良くなって、やる気も回復。
めでたく社会復帰!

でも、紆余曲折は続き・・・

パワハラめいた扱いや、給料日にお給料がもらえないような職場をいくつか経て、
30歳を目前にして、やっと念願かなって、正社員として、ある社団法人に就職。
これで「一生安泰」かと思えたのですが・・・

連日のクレーム処理に追われ、体調は再び最悪に。
ちょっとした風邪をこじらせては、高熱を出したり。
冬になると、オフィス内の、エアコンの効いた室内で、足元にガスストーブを置いて、ダウンジャケットを膝掛けにしているのに、寒気がして仕方ない。
ついにはパキシルを服用しながら、やっとの思いで通勤。

そんな毎日をただ送っていました。

突然の転機を経て、心理職の道へ

ところが31歳の晩秋。
転機は突然やってきました。

お風呂で髪を洗っていた時に、突如として、「何か」が降りてきたような、急に湧いてきたような。大げさですが、いわゆるインスピレーション、「啓示」を受けたような。

「このままの生活を続けていたら、10年後もこのままだ」
本当に、それで、いいんだろうか???

なんだか、それがすごく恐ろしく感じられて、シャワーの手を止めて、愕然としてしまいました。

「やっぱりカウンセラーになりたい」
「今、もう、ここで、やるしかない」
「そうするしかないんだ」

突如としてそう決意した私は、すぐに行動を起こしました。

その正社員の仕事を辞め、また派遣社員として働きながら、産業カウンセラー養成講座に通い始めました。「やっぱり、こころの問題は無視しちゃいけないんだ。」勉強が進むにつれて、
私自身の心理的な問題も見えてきて。

まず自分のためにカウンセリングを受けることに。

小さい頃から父に「お前の考え方はおかしい」と言われ続け、
自分がおかしいのではないか、ずっと気になっていたこと。

細かいところについ、こだわってしまうこと。
母親に対する不信感。
両親共働きで、父方の祖母が、半分わたしの育ての親になるのですが、その祖母と母が不仲で、ずっと板挟みの状態だったこと。

もう一度自分のことを見つめ直してみたくて、
自分のために、心理療法やカウンセリングを受けるようになりました。

そこで分かったこと。

わたしのなかに、モヤモヤしたまま溜まっていた、たくさんの感情があったこと。
いつの間にか身に付けてしまった、考え方の癖や、思い込みがあること。
そのせいで自分で自分にダメ出しして、自分を生きづらくしていたこと。

32歳で産業カウンセラー資格を取ると、その後はハローワークで相談員。
毎日面談がぎっしり。
公共機関ですから、いわれのないクレームを付けられたり、急に怒鳴られたり、嫌がらせを言われたり、そんなことが日常茶飯事。
ストレスもたまり、辛いこともあって、トイレに行く時間が無いことも。

生まれ変わったように、あの不調から解放された!

でも、もう不調に悩まされることがなくなっている自分に気付いたんです。
疲れるには疲れるけれど、仕事帰りにジムに行ったり、週に何度もヨガクラスに出たり。
かつての自分がウソのように元気でいられる。

この時、ヨガで身体を整えること。
心理カウンセリングで心を整えること。
この二つを両方実践したことの効果を、芯から実感しました。

その後、「もっと心理を学びたい!」気持ちを抑えられなくて。
長年、葛藤を抱えていた父が亡くなったタイミングもあって。
37歳で、大学院へ進学。
臨床心理士と公認心理師になりました。

あなたも、自分で自分を治すことができます。

「心理カウンセラーになる!」
そう決意してから今では10年あまり。
病院、大学、中高一貫校、公共機関、社会福祉法人など、いろいろな現場で、年齢も職業も性格も家庭環境も千差万別な、それはそれはたくさんのクライエントさんにお会いし、いろいろなお話を聴かせていただきました。

内容は、うつ症状や不安障害、パニック障害など精神疾患に関することの他、
人間関係の悩み、職場の悩み、ハラスメント、自分探しや適職探し、生き方やアイデンティティに関わることまで。
相談対応件数は、軽く1,000件を超えます。

私が自分の不調を自分で治した経験から、
そして、カウンセラーとしての経験から、
ハッキリ言えることは、
誰にでも、自分で自分を治していく力があるということ。
自分一人でも、ちゃんと、自分らしく生きていける力を持っているということ。

私は、とにかく不器用なので。
「とにかくやってみよう」と試行錯誤するしかなくて。
その過程で、ただずっと一人で自分と向き合うことしかできませんでした。

でも、だからこそ、自分のなかで、いろいろな気付きがありました。
こころのあり方、からだの変化、たくさんの職場と人間関係で学んだこと。

そして、自分に正直に、自分の感覚を信じて、自分のからだとこころを自分でケアしていく。
無理をしないで、ただ自分を生きること。

それが、生きることにとって、一番大切なことだと気付きました。

現在では、私が学んだことを、以前の私のように、不調に悩む女性にシェアしたい一心で、神奈川県相模原市にて、女性のためのセラピールーム「ゆいセラピーかぜのね」を運営しています。

長い時間、最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
わたしの経験が、あなたにとって一歩踏み出すキッカケになると嬉しいです。

ゆいセラピーのご案内

 

心理カウンセリング
パーソナルヨガ
いつもあなただけに合ったベストな内容 パーソナルヨガコース
ゆいセラピー

最後に、私がご提供している『ゆいセラピー』のご案内です。

「真剣に不調を改善したい」
「自分の本当の気持ちを知りたい」
「自分自身を肯定できるようになりたい」

心のどこかで、ずっとそんな思いを抱えてきたあなたに。

『ゆいセラピー かぜのね』では、”身体と心を同時にケアして自分らしく生きられる強さを身につけるということ”をコンセプトに以下の3コースをご提供しております。

①心理カウンセリングコース
②パーソナルヨガ・コース
③ゆいセラピーコース

詳しくは、以下の『詳しくこちら』ボタンからご覧いただけます。