お客様の声

「あれはヨガじゃないよね」というご感想

先日、一度わたしのヨガクラスに参加したことがある方のご感想を、人づてに伺う機会がありました。
その方はヨガは初めてで、ホットヨガに行ったけれど合わなくて、ヨガ教室を探されていたとのことでした。

あれはヨガじゃないよね。ヨガ整体だよね〜

と仰っていたということです。

それを聞いた瞬間、わたしはショックを受けました。
「ヨガじゃない」というふうに思われてしまったことが、すごく悲しくて。

しばらく落ち込んでいましたが、それなりに立ち直りが早くなってきたので。
いろいろ自分なりに振り返ってみました。

わたしにとって、ヨガは本当に大切なもの、そして、古代から伝えられた神聖なものでもあるんです。
なので、つい、突っ走ってしまうところがあるんです…

やっぱり、大多数の方にとっては、ヨガというのは、ポーズを取るエクササイズと考えられているんですね。
水泳、ダンス、筋トレのような、健康づくりのための運動のように。

または、リラックス効果という点から考えて、マッサージやエステ、アロマテラピーのような、リラックスするためのツールと同じように。

なので、上の画像のような、彼女が「ヨガだ」と思っているヨガのイメージに、もっと寄り添ってお伝えできればよかったな、という反省点も見えてきました。

でも、ヨガは、単なるエクササイズでもないし、リラックス法でもないんです。
そのどちらの要素も確かに含んでいますが、もっと奥深い、幅広いもの。
人間として生きる知恵、指針を教えてくれるものなんです。

今回のことは、ちょっとショックでしたが、わたしにとって、改めて「yogaとは何か?」ということを考え直す機会になりました。

このように世間一般のヨガのイメージから程遠い、わたしのヨガクラスにご興味を持ってくださった方から、ヨガについてのご質問や疑問を伺うことがあります。

この記事では、そうしたお問い合わせにお答えする形を取りながら、今回改めて「yogaとは何か?」を考えた結果、自分のなかで再確認できたことをお話させていただきます。

「ヨガってポーズを取ることですよね?」

残念ながら、これは違います。

Chisako
Chisako
ポーズを取ることは、手段であって、目的ではありません!

こうした誤解をされる場合が多いのですが、本来、ヨガはポーズを目的としないのです。
わたしは特に内面に向かうためのヨガをお伝えしたいので、ある意味、「ポーズが取れるかどうかは、どうでもいい」とさえ、思っています。

ポーズは手段であって、目的ではない

ヨガのポーズというのは、ご自分の身体の感覚、呼吸の状態や心の様子など、自分自身の内面に向き合っていくための、ただのツールなんです。

ヨガの最終的な目的とは、自分と向き合い続けた先に、自分を理解すること、そして、自分の本質、「自分とは何か?」に気づくことです。(詳細はこちらの記事を

そうは言っても、何もしない状態でただ自分と向き合うのは至難の業です。
座禅を経験された方は分かりやすいと思いますが、ただ座っているだけだと、眠くなったり、いろいろな考え事が湧いてきてしまいますよね。

それではとても、自分の内面、つまり心の動きを観察することに集中するなんて難しい。

そこで、実際に身体を動かして、その感覚に意識を集中するという練習をするんです。
この身体を動かすというのが、ヨガでポーズを取ることです。

入り乱れる雑念のなかで、何かに集中するというのは、言わば、心のトレーニングです。

心を強く、しなやかにするために、ヨガのポーズという手段を用いて練習している、ということなんです。
なので、ポーズを取ることが目的ではないのです。

「私は初心者だから、やさしいポーズを教えて下さい」

こうしたご希望も多いです。

しかし、わたしは本当のところ、ヨガのポーズに難易度というのは無いと思っています。
というのは、上述したように、ヨガとは、自分の身体の状態、心の状態を内面で観察していくことです。

なので、ヨガでレベルが上がるというのは、難しいポーズが出来るようになるということではなく、自分の内面に向かう内観のレベルが深まることです。

確かに、いわゆる難易度の高いポーズ、ある程度肩関節や股関節の柔軟性が必要なポーズがあります。
例えば下の画像のような。

こうしたポーズでも、生まれつき関節が柔軟な方や、手足が長い方、体操選手やダンサーの方のなかには、特に意識しなくても、簡単に出来てしまう方もいらっしゃいます。

ところが、自分の内面を意識しない状態でポーズをやっているのであれば、「ヨガをやっている」とは言えないのです。
たとえ、外側から見た時に、形としてどれほど美しくて完成されていても、それはだた「ポーズを取っているだけ」であって、決してヨガではないんです。

本当はシンプルなポーズほど難しい

Chisako
Chisako
いわゆる「簡単な」ポーズほど、実は難しいんです!

例えば、ターダアサナ、山のポーズと呼ばれるこちらのポーズ。
体育の時間でやったような、「気を付け」のようなですが、こちらは基本中の基本とも言えるポーズなんです。
が、非常に難しいポーズの1つでもあります。

というのは、ただ真っ直ぐ立っているかのように見えるのですが、身体に動きが無いなかで、自分の身体の隅々まで意識を向けて観察するのがとても難しいからです。

  • 踵の真ん中にしっかり重心がかかっているか?
  • 踵の内側、外側、均等に地面を踏み締めているか?
  • そこで膝から足の付根まで足全体が伸びているか?
  • 坐骨と恥骨を中心に寄せて、体の前側後側の意識を同等にできているか?
  • 骨盤底から頭頂まで体の縦のラインが余分な緊張なく真っ直ぐに伸びているかどうか?
  • 肩甲骨が背骨の中心引き寄っているか?
  • 肩甲骨から肺を持ち上げるように胸全体が広がっているか?
  • 首や肩に余分な緊張がないか?

ざっと書き出しただけでも、これだけのポイントがあります。
(さすがにここまでいくと相当マニアックですが…)

ただ、こうしたことを全て確認しながらポーズを取るのが、このポーズの理想であり、目標です。
「ただ立つ」だけなので、誰にでも出来そうですが、実際にちゃんとやろうとすると、かなり難しいということが、ご理解いただけるかと思います。

なぜ、「難しいポーズ」があるの?

簡単なポーズをやればいいんだったら、何であんなポーズをやらなきゃいけないの?

ヨガの上達とは、自分の内観のレベルを深めていくことだとお伝えしました。

例えば、一般的に上級者向けとされる「シールシャーサナ」、頭立ちのポーズと呼ばれるポーズがあります。

普段の生活では、こんなふうに頭で立つという動作は皆無です。
そうした日常とは程遠い状況のなかでも、冷静に自分の内面を観察できるか?
そこを見極めるため、そして、どんな状況でも自分自身に向き合う練習のために、こういうちょっと無謀なポーズが存在するんです。

難易度が高いと言われるポーズを練習していて、「身体が痛くて耐えれられない」とか「自分が何をしているか分からなくなる」という状態では、自分の内面を見つめることができないので、ヨガにはならないのです。
それは、ただの苦行です。

ですので、どんなポーズを練習していても、
呼吸の様子はどうか?
今の身体はどんな感じがするか?
骨、筋肉、皮膚など身体全体のつながりはどうか?
こういうことに、常に意識を向けていられることが大切です。

ヨガでは、単純に「基本のポーズが出来るようになったから、上級のポーズを練習すればよい」ということはあり得ません。

というのは、そもそも、ポーズは完成することがないからです。

なぜなら、身体の状況は毎日毎日違います。
日々、お天気、気温、湿度、全て変化して、全く同じ日はありません。

外界が変化すれば、それに適応するため、自律神経の作用で、当然身体の内部も変化します。
その毎日変わる身体の感覚を確かめていくこともまた、ヨガなんです。

そして、練習を重ねるごとに、身体の機能は高まり、どんどんポーズは変化していきます。
年齢や体調によっても変化します。
だから、いわゆる「完成形」というのは、本当はあり得ないものなんです。

ヨガとは、いつもいつも、「今の自分の身体と心でやれることをやる」のがベストなんです。

「いろいろなポーズを練習しないとダメ?」

また、yogaには数え切れないほどのポーズがあります。
そのため、なるべく多くのポーズを練習した方が良いと考えている方もいらっしゃいます。

ところが、その必要はありません。
ヨガでいろいろなポーズがあるのは、身体をさまざまな角度から観察するためです。

一見同じように見えるポーズでも、手足の位置が少し違うだけで、また別の筋肉を使うことになりますから、身体の感覚も違ってくるのです。
そうした微細な身体の状態を観察するために、多種多様なポーズを取っていきます。

しかし、特に初心者の方は、たくさんのポーズを練習するよりも、今のご自分の状態に合ったポーズを、まずは5種類くらいから、丁寧に練習することをお勧めします。

短時間でも大丈夫ですから、毎日少しずつでも練習してみてください。

毎日毎日同じポーズを練習してみると、いつもいつも、身体の感覚が違うことがよく分かるようになります。
昨日と今日では、感じ方がやはり違います。

身体は毎日、それどころか、一瞬一瞬変化する。
そのことを実感していけるはずです。

そして、身体の感覚がこのように違うということは、心の状態もやはり違うということ。

忙しくてイライラしている日もあれば、ゆったりのんびりしている日もある。
決していつもいつも同じではないはずです。

身体も、心も、一瞬一瞬、変化していくもの。
そのことを実感できるようになると、「どうせ何をしても変わらない」という思い込みからも自由になれます。

「気持ちよく動かせばいいんでしょ?」

ヨガ動画などで、「気持ちよく動かせる範囲で動かしましょう」というインストラクションを耳にすることがありますが、こちらも誤解と言えば誤解だとわたしは思います。

「気持ちいい」ことも、もちろん大切です。
誰にでも休息が必要な時もありますし、リラックスすることを目的としたポーズもあります。

けれども、とりわけリラックスのポーズでは、「自分の内面を観察する」ということを、より強く意識してやっていかない限り、ヨガではなくなってしまいます。

「単に気持ちいい」だけでは、一歩間違えると、ただ家でゴロ寝しているのと同じことに。

ヨガの本来の目的の一つとして、肉体的な身体の状態を整えることを通して、心の状態を整えていくということが挙げられます。

ですので、特に「自分を変えたい」という気持ちでヨガに向き合うのであれば、身体をしっかりと使っていくことも大切なのです。

もちろん、必要以上に身体を酷使することは厳禁です。
苦行のように自分を追い込むのでもなく、リラックスだけを求めるのでもなく、自分の身体の感覚を確かめながら、今の自分に丁度いい負荷をかけてポーズを練習していくと、単なる「気持ちいい」に留まらない爽快感が生まれます。

それは「あるべき位置に身体がある」というような、身体を整えた先にあるリラックス感です。

「ヨガ整体」というのは的を射ているかも?

このことに関連することですがわたしのヨガでは、「動かしながら身体を整えていく」という要素が確かに多いです。

というのは、わたし達は日常生活で知らない間に身体にいろんな癖をつけています。
前かがみの姿勢。
肩を前に入れてしまう癖。
左右どちらかにだけ重心をかけて立ったり歩いたり。

そうした身体を歪ませてしまう癖を、正しい状態に整えていくことが、身体を健やかに保つうえでも大切だからです。

身体はずっと誤った使い方をしていると、どこかに無理が生じ、やがてそれが関節や筋肉・骨などに支障をきたす場合があります。
逆に、正しい使い方をしてあげれば、ちゃんと必要な筋肉が付き、柔軟性や骨の強度が養われます。

Chisako
Chisako
ある意味、ヨガ整体って当たっているかも?

そしてさらに。
ヨガでは身体のいろんな部分を使っていきますが、それは、身体の可能性を広げることにつながるのです。

日常生活で、いつも同じ動作をしていると、いつも決まった部分の筋肉や関節しか使わないことになります。
すると、その部分しか発達していきません。

一方、普段使わない筋肉など、身体のいろいろな部分を満遍なく使っていくと、身体の隅々までいろんな部分が発達していくのです。

筋肉は神経、ひいては脳とつながっていますから、満遍なく身体を使うということは、当然脳のいろいろな分野も使うということです。
脳も決まった部分しか使わなければ、使われていない部分はどんどん退化していきます。

日常生活では、わたし達は、脳細胞のほんの一部分しか使っていません。
普段使えている部分は、脳全体からすると、氷山の一角だと言われることも。

ですので、身体の微細な部分にまで意識を向けて、しっかり丁寧に動かしていくのは、脳全体を活性化するためにも役立ちます。

身体を整えることは、心を整えること。

また、「心身一如」の考え方になりますが、身体に無理な癖がついているということは、心の方にも、同じような癖がついてしまっているとも考えられます。

例えば、ネガティブな思い込みや、細かいところへのこだわり、マイナス思考、なぜかスッキリしないモヤモヤ感など。

ですので、身体を整えていくことは、心を整えることにつながり、心の健康にとってもプラスになります。

ヨガで身体を整えるということは、今までとは違った身体の使い方、自分の身体と心との向き合い方を学んでいくということ。
つまり、自分の現状を変えようというチャレンジです。

「身体が痛くて動かないから、やっぱりヨガは無理?」

決してそんなことはないんです。

病気や事故、加齢、生まれつきの骨格のために、身体を動かせる範囲が限定されていて、複雑なポーズを取れなくても、ヨガはちゃんと出来ます。

ヨガは自分の内面と向き合うこと。
そして、「やってみよう」という気持ちが何よりも大切です。
身体を動かせない状態でも、ご自分の気持ち、意識次第で、どのような動きでも、ヨガになるんです。

指1本しか動かせなくても、ヨガは出来る!

わずか指1本しか動かせなかったとしても、その動かせる範囲で、自分の内面に向き合い、動く指の感覚一つ一つを確かめながら、丁寧に指を動かすことをしていれば、それは正にヨガです。

外から見た限りで、身体の形が全く変化していなくて、全くポーズが取れなかったように見えたとしても、ご自分の内面で、ご自分の感覚に集中して観察することが出来れば十分。

例えば、ほとんど動かないスタイルのヨガもあります。
心身の回復を目的とした「リストラティブヨガ」という名前のヨガです。

1回の90分のクラスでも、ポーズは全部で5~6ポーズ程度。
一つのポーズに入るときから抜ける時まで、10分以上かけてじっくり調整しながら、自分のからだと内面を観察していきます。

一般的なヨガと違い、その間ほとんどからだを動かしません。

参考までに、下の写真のような感じのものです。

このポーズは、胸がだんだんと開いて呼吸が楽になって、ほどよく腰がストレッチされていきます。気分が落ち込みやすい方、夜ぐっすり眠りたい方にはお勧めです。

ただし、身体を動かしてはいませんが、意識は常に身体全体に向けていきます。
背骨がゆっくり伸びていく感じ。
呼吸が流れて、全体に広がっていく感じ。
身体のいろいろな部分の感覚が少しずつ変化していく感じ。

身体のある部分の力が抜けていったり、また新たな緊張に気付いたり。

このやり方では、身体を大きく動かすことはないのですが、それでも終わると、特に何をしたということもないのに、とても開放感があって、夜も良く眠れるようになります。

無理にゆるめようとしなくても、身体は自然にゆるむのです。

ヨーガでは、「身体が動くかどうか」ということより、ポーズを取っている過程、自分の内面を観察することこそ、必須なんです。

だから、動かなくても、ヨガは出来ます。

「ヨガって怪我しやすいんでしょ?」

最近、ヨガ怪我をする人が増えているようですので、ご心配されるかもしれません。
けれども、ヨガの本来の目的を間違えなければ、ヨガで怪我をするなんて、そもそもあり得ないこと。

ずっとお伝えしてきたように、本来ヨガでは、「自分の内面に集中すること」が何よりも大切なので、身体を無理に動かしたり、自分の今の体力以上のことをやる必要は全くありません。
だから、本来怪我とは無縁のはずなんです。

けれども、ホットヨガなど、今の多くのヨガレッスンでは、ダイエット目的などで、身体を激しく動かすことや、ポーズを取ることばかり、熱心に指導されています。

また、スポーツジムなどでは、他の人と競うようにやる雰囲気のこともありますし、グループレッスンでは、みんなと一緒にやらなきゃいけない気持ちでやることもあるかと思います。
そういう状況では、知らず識らずのうちに無理をして、怪我をする可能性がやはりあります。

しかし、「自分の内面と向き合う」というヨガの本来の目的を忘れなければ、怪我をすることはまず、考えられません。

内面への気付きがあるかどうか?

ヨガはポーズの出来映えを競うエクササイズではありません。
自分の内面に向き合うことですから、他の人と比べようがないものなんです。

わたし自身の力不足もあって、なかなかヨガの本当の素晴らしさをお伝えすることが難しい時もあります。

また、「体が硬いからヨガはできない」「先生のようにポーズを取れなくてはいけない」と誤解され、ヨガを敬遠する方がたくさんいらっしゃることを、いつも残念に感じています。

けれどもヨガは本当に素晴らしいものです。
ヨガの教えを共有できるということが本当に、わたしにとっては喜びなんです。

ヨガに前向きに、少しずつでも丁寧に取り組んでいくと、自分の中で何かが少しずつ変わっていきます。
それはどんな方にも共通しています。

身体が思うように動かなかったとしても、自分の感覚にしっかり向き合うことができれば、ヨガにはいつも必ず新しい発見があります。

自分と向き合うということは、「自分とは何か」ということ。
「自分らしく生きるとは何か」という、自分自身への問いかけをすること。

ただ、ヨガには即効性というものがありませんので、現在のような早く結果を求められる時代には、なかなか向かないという面はあるかもしれません。
決してインスタントで手軽な方法ではないけれど、本当に価値があるものだと、わたしは確信しています。

Chisako
Chisako
改めて、これからもヨガの魅力をお伝えしていきたいです!
ABOUT ME
Chisako
臨床心理士・公認心理師・ヨガインストラクター。元社労士。 こころとからだのことで悩んでいるあなたに、わたしの今までの学びがお役に立つと嬉しいです。 根が不器用な自分を認めて、ただシンプルに生きるのが信条。
あなただけに合ったヨガを学んでみませんか?

あなたはご存知でしょうか?

本来のヨガには、身体と心の不調を癒していく効果があります。
欧米では、そんなヨガが医学的治療の一部として、疾患の予防、ストレスケア、メンタルヘルスの向上、リハビリなどにも役立てられています。

一般的に知られていないことですが、ポーズが出来ても、出来なくても、ヨガの効果とは全く関係ありません。

なぜなら、ご自の内面に集中して、意識してからだを動かすこと自体に、あなたを癒し、変えていく力があるのです。
身体を整えることで、脳や心がリラックスし、結果として心身のバランスを取戻していくことができます。

「ヨガをやってみたいと思っていたけど、まさか自分がヨガなんて?」と、
一般的なヨガ教室を敬遠されていたあなたにこそ、一度お勧めしたいのです。

完全マンツーマンレッスン。
あなたのペースで、あなただけに合った内容のヨガをゆっくりと体験してみませんか?

パーソナルヨガの詳細はこちらから