お客様の声

カウンセリングの実際 ~お客様の声から~

カウンセリングというと、こんなご質問をいただくことがあります。

  • 「話してどうなるの?話すだけなら、別に家族とか友達でもいいじゃん」
  • 「カウンセリングやって良くなるの?」
  • 「どんなサポートしてくれるの?」

そんな疑問をお持ちのあなたに。

心理カウンセリングは、クライアントとカウンセラー、ふたりだけの完全プライベートな環境のなかで行われるもの。
なので、実際にカウンセリングを受けてみないと、そこで何が起きているのか?
知ることが難しいですよね。

なので、よく分からないから、「本当に大丈夫?怪しくない?」と思われるのも、当然です。

ただ、「カウンセリングってこんな感じ」って情報が無いために、カウンセリングが敬遠されてしまって、本来あなたのプラスになるのに、あなたに届かない。
それでは、あまりにも残念です。

ここでは、心理カウンセリングのなかで行われることについて、ご紹介します。

「他にも、自分みたいに、楽になれる人がいるはず」と、この度、あるお客様がご快諾してくださいましたので、実際の事例を、個人情報に配慮してご報告します。

Chisako
Chisako
話すことって、こんなに心身の回復に役に立つことなんだ、
ということを、あなたに知っていただけると嬉しいです。

カウンセリングを始めたきっかけ

クライアントさん、(Aさんとお呼びします)は、
「数週間前から夜眠れなくなってしまった、気力が無くなった」
ということで、こちらに来られました。

お話を伺うと、9か月ほど前に、ある大病で倒れ、3か月休養しなくてはならなくなったのですが、その後に元通り復帰されたとのことでした。

復帰後ちょうど3か月程経った頃に、私はお会いしたことになります。

あと少し救急隊の到着が遅れていたら、命に関わる状態だったとのことです。

幸い、良い医師やスタッフに恵まれ、ご本人の大変なリハビリの努力もあって、とても回復がめざましく、主治医も驚くほど。
そして、発病から半年で日常生活に支障がなくなり、医師からもすぐに復帰を許されたそうです。

「もう大丈夫!今までのブランクを取り戻そう!」と元気に復帰したAさん。

ところが、しばらくすると、何か調子がおかしい。

からだは元通りになって、検査しても問題ない。

「復帰して嬉しいはずなのに、なぜ?」

というのが、ご本人の率直な思いでした。

心は体が変わるようには、変われない。

ここまでお話を伺って、わたしが推察したことです。

Aさんは、1年足らずの間に、それまで全く元気だったのに、急に命の危機に見舞わるという、強いストレス、急激な変化を経験されました。
・その出来事の大きさを、心理的に消化しきれていない、それで不調が出てしまっているのでは?
・もともとお体が元気だったので、身体の回復は早かったのです。
それゆえに、体が治っていくスピードと、強い危機感を経験した心の回復のスピードが合っていないのでは?

また、病院でも、Aさんががどんな気持ちでいるのか?
という、こころの状態には、ほとんど触れられることがなかったようでした。

そこで、心理カウンセリングのセッションを週2回、しばらく定期的に行うことをご提案したところ、Aさんは了承され、セッションを開始することになりました。

実際のカウンセリングの過程で

カウンセリングに入ると、Aさんはいろいろなことを聴かせてくださいました。

病気のせいで、たくさんのものを失ってしまった気がするの。

家族は心配してくれているんだけど、やっぱり、「辛い」って、どうしても言えなくて。

良くなって家族もすごく喜んでくれたんだけど、なんか、『いつ退院?』みたいに、どこかで急かされるような感じもして。

復帰したら、周囲の人はみんな、次に進んでいるというか、微妙に話が合わないっていうか。ああ、置いていかれちゃった、と思って。

倒れた当日のことを共有させていただいて

ある日のカウンセリングで、Aさんは倒れた当日のことを話してくださいました。

おそらく、Aさんにとって話すのは辛いことでもあったのでは、と思います。
それでも、勇気を出して話してくださいました。

わたしもAさんとご一緒に、Aさんが感じたように、考えたように、まさに同じ体験をさせていただくように、お話をお聴きしました。

一人暮らしのご自宅で、急に倒れ、最後の力を振り絞って、救急車を呼んだこと。
救急車のサイレンが聞こえ、家の鍵を開けるため、這っていったこと。
意識が遠のいていくなか、家の床が近づいてきたこと。

わたしもその瞬間瞬間、床が近づいていく様子が、はっきりと思い浮かびました。

Aさんご自身にどんなことが起きていたのか?
その時のAさんは、何を感じて、どういう気持ちだったのか。
実感としてどんなことを経験していたのか?

それが、Aさんから直接伝わってくるようでした。

カウンセリング開始3か月後では

こんなふうに、ご病気を経験されたことをはじめ、
Aさんご自身の今の気持ち、将来やりたいこと、ご家族とのことなど、いろいろなことをご一緒に振り返って、3ヶ月ほど経った頃。

Aさんの症状は軽くなっていきました。

Aさんの心のなかで、充分に感じられないままだった「何か」が、少しずつ整理されていく、そんな気がしていました。

それから間もなく、Aさんはよく眠れるようになって、「今まで以上に気力が回復してきた」とお話されるようになりました。

外側から見ても、お顔の表情が、以前よりグッと明るく、Aさんらしく生き生きとされてきました。

これから、やりたいことがいろいろ出てきたとのことで、このタイミングでカウンセリングをいったん卒業することになりました。

セッションの最後に

最後のセッションの日、Aさんはこう言ってくださいました。

最初は正直、話してどうなるのか?と、思ってました。
けど、心のケアってすごく大事なんですね。
改めて自分がやりたいことも分かったし。
病気でいろんなものを無くした、と思っていたけど、本当は何も無くしていなかった気がします。

わたしも、Aさんと、「今、ここにしかない時間」を共有させていただけたことが何より嬉しかったです。

そして、Aさんが、病気になった経験から学んだことを、シェアしてくださったことも。

不調を経験しないと学べないこともある

病気になる、ということは、とても辛いことです。

ところが、わたし自身の経験から言っても、不調を経験したことからしか学べないことも、たくさんあります。

Aさんのように、命に関わる病気、事故、災害、繰り返される強いストレスなど、
身体的にも心理的にも危機的な状況に見舞われると、人間には、その状況をとにかく乗切るために、こころのなかで起きていることに、あえて蓋をしてしまって感じないようにする作用が働くことがあります。

そうなると、本当は感じていたはずの多種多様な感情は、ごちゃごちゃの状態のまま、心のどこかに閉じ込められてしまいます。

わたし達人間は、ごちゃごちゃの、何が何だか分からない状態のものが心の中にあるということに、大変な不安を感じます。

「分からないもの」は予測がつかないので、根本的に不安を感じるものなのです。

事態が一段落すると、閉じ込めていたものが出てきます

しかし、心のなかのごちゃごちゃなものは、蓋をされて閉じ込められてはいるものの、そのままの状態で、ちゃんとまだそこにあります。

そのため、事態が収束して、身体も心も、平常に戻ってくると、
Aさんのように「あれ?何かおかしい?」という形で表に出てくることが多いのです。

ごちゃごちゃのままだった感情があることに、心が反応し、不安を感じ、
そのために、気持ちが不安定になるだけではなく、身体にも、不調が出てくる場合があります。

そういう時には、ごちゃごちゃものに向き合い、もう一度思い起こしながら、改めて言葉にすることで、その時に味わうはずだった感情を、取り戻すことが必要になります。

もちろん、思い出したくないほど、ネガティブな感情もあります。

でも、どんなにネガティブで強い感情だったとしても、一度しっかりと向き合えた感情は、自然に薄らいでいきます。

例えば、強い怒りがあっても、何時間も怒り続けるのって難しいですよね。
でも、その場で向き合わなかった怒りは、後々、あなたのなかで、モヤモヤした感じとして、いつまでも残っているように感じられませんか?

あまりにも感情的になり過ぎるのは怖いことかもしれませんが、感情を持つことは、人間として自然なことです。

感情は、生まれたときに、きちんと味わってしまうと、ご自分にとって必要がない場合は、そのまま手放すことができるようになりますし、必要な場合には、今度は確かな実感のある記憶として、ご自分の心のなかに整理しておくことができるようになります。

モヤモヤしたものに向き合うのは、一見辛いことのようですが、たくさんの感情をごちゃごちゃ状態のまま抱えているより、楽になれます。
ごちゃごちゃを抱えている不安の方がやはり根強いもの。
そんな不安からは解放されます。

そうは言っても、普段の生活の中で、自分の感情、心のなかと向き合う時間を作るのは、なかなか難しいものです。
そのために、カウンセリングという、日常から離れた、あなただけの、安全な環境があるのです。

人間に備わっている回復する力

このケースを通して、わたしが最も感動したのは、やはり、Aさんが本来持っている回復する力を実感できたことです。

どんなに辛い状況でも、誰のなかにも、生きていこうとする力が備わっていて、より良い方向に必ず変化していく。

そのことを改めて教えられました。

もちろん、この回復する力は、あなたにもあります。
もしかしたら、今は小さな力かもしれませんが、少しずつ育てていけば、必ず大きな力になる時が来ます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
アバター
Chisako
臨床心理士・公認心理師・ヨガインストラクター。元社労士。 こころとからだのことで悩んでいるあなたに、わたしの今までの学びがお役に立つと嬉しいです。 根が不器用な自分を認めて、ただシンプルに生きるのが信条。
カウンセリングがうまくいかなかったあなたに。

あなたはご存知でしょうか?

不安、うつ、トラウマ、過緊張など、こころの症状を、、身体を整えながら、身体の側から改善していくことができるということを。

「心の問題には対話によるカウンセリング」というのが一般的な常識ですし、
わたし自身、臨床心理士として、カウンセリングの効果も確かにあると認めています。

けれども、カウンセリングでは、うまく話すことができないと、なかなか先に進めない、ということも事実です。

いくら相手がカウンセラーだったとしても、そんなにすぐに打ち解けて、自分のありのままを話すことなんて難しいですよね。
信頼できるかどうかも分からないし、不安ですよね?

カウンセラーと信頼できる関係を築くまでには、本当に長い時間がかかります。
そのため、カウンセリングで変化を感じる前に、続けられなくなってしまう場合が多いのです。

「カウンセリングがうまくいかない」と困っている方がきっとたくさんいらっしゃるはず。本当はそういう方こそ、心のケアが必要なのに。

そこで、「無理に誰かに話さなくても、心の問題を解決していける方法があればいいな」と、わたしはずっと探していました。

そこで、たどり着いたのが、身体を整え、身体の感覚に向き合うことで、心を整え、心の問題を解決していこうとする方法でのカウンセリングだったのです。

これから自分らしく生きるために、こころ、からだをケアしたい。
でも、カウンセリングでは難しい。

そんなあなたにこそ、かぜのねのカウンセリングをお勧めします。
ぜひ、一度試してみてくださいませんか。

カウンセリングの詳細はこちらから