ブログカテゴリ:2019年10月



お客様の声 · 2019/10/31
今日は、「もう迷わない自分になれる 自分軸を見つける やさしいこころのヨガ 入門セミナー」を開催しました。 参加者の方からのご感想をいただきました。「初めてのこころヨガでしたが、細かい点についても教えて頂きました。足の力とか、背中を伸ばすことの大切さとか。お話も聞いていただき、ありがとうございました。次回も来たいです。」 2時間という短い時間でしたが、 少人数なので、細かな部分までお伝えすることが出来て、わたしも嬉しいです!

いつも、からだの感覚を大切にしましょう! と、うるさいくらいお伝えしています。もしかしたら、あなたには、「そんなこと言ったって、からだがどうにもならなくて困ってるんじゃない。勝手なこと言わないでよ」と、思われているかもしれません。 あえて、今日わたしがこのブログを書いているのは、それでも、やっぱり、あなたのからだの感覚を大切にして欲しいからです。 あなたのお気持ちも良く分かります。かつて、わたしも、そうでしたから。ぜひ、続きをお読みになってみてください。

こちらの看板メニュー「ゆいセラピー」は、なるべく楽に早く、こころとからだの調子を整えられるように、わたしなりの実体験から編み出されたものですが、 「実際のセラピーはどんな感じ?」 という疑問にお答えします。 毎回セッション前に、その日の体調や気分、気を付けてほしいこと、などをヒアリング。その日のあなたにとってベストな内容になるようにします。 毎日毎日、からだの感覚は違いますし、決まったマニュアルはないので、続けてやっても全く同じ内容になることはありません。いつもいつも、新しい感覚、新しい何かに気付くことが出来ますよ!

もし、あなたが以前、困ったことを何とかしたい、と。 言葉によるカウンセリングを受けたけど、効果が感じられなかった。効果はあるけれど、時間がかかり過ぎて、途中で止めてしまった。カウンセリングにかかる時間とお金を考えて諦めた。 こんな経験をされたのであれば、ぜひ、こちらをお読みになってみてください。 あなたの不調を改善するために、カウンセリングだけではない方法もあることに、気付いていただけると思います。

「ありのままのあなたでいい」「あなたはそのままで大丈夫」「あなたは完璧」ネットでカウンセリング系とか、スピリチュアル系のサイトを見ますと、度々こんな言葉を目にします。 これを読んで、あなたはどう思われますか? 自分で「ありのままのあなたでいられるように」ということを謳っていながら矛盾しているようですが、わたしは正直「はあ?」という感じです。 あまりにもポジティブ過ぎる言葉に違和感があって、カウンセラーを敬遠しているあなたも、もしかしたら、少し見直していただけるかもしれません。

心理学のこと · 2019/10/26
突然ですが、ご自分のなかで、急にこんな言葉が浮かんでくることはありませんか? 「だから私はダメなんだ」 「完璧でなければ意味が無い」 そして、こんな言葉が浮かんでくると、きっと大丈夫!うまく行ってる!という気分が急にしぼんでしまう。せっかくやろうという気になっていたのに。 こういう時は、本当にガッカリしますよね。 こんな経験が思い当たるあなたのために、今日は、「思い込み」というものについて、お伝えしたいと思います。他ならぬ、自分の思い込みによって、人間は不幸になることがあります。

いきなり結論から言いますと、どなたでも、ご自分の感覚に従って判断すれば、決して間違いは無いのです! だがしかし。その、ご自分の感覚が、もう自分でも分からなくなってしまう場合があるのです。 自分の感覚を信じることもできない。自分に感覚があることを忘れてしまった。何か、感覚が麻痺してしまった感じがする。 本当に不安になってしまいますよね。 こんなふうな悩みを抱えているけれど、感覚を取り戻したい、あなたのために。そのために必要なことをお伝えいたします。

心身の不調を改善するためにも、自分の感覚を確かめることが大切だとお伝えしていますが、こんなにも、頭で情報を処理しなければならない世の中だと、いくら「感覚を大切にしよう」と言っても、なかなか、難しいものです。感覚自体がよく分からないですしね。 あなたが、ご自分のからだの感覚を取り戻す第一歩を踏み出すために、大切なことをお伝えします。今まで「とにかく頑張ろう!」と思っても、上手くいかずに、ご自分に「ダメ出し」ばかりしてしまったあなたに。新たな方向性が見えてくるかもしれません。

ずっとお伝えしているように、心身の不調を改善するためにも、自分に向き合って、自分のことを知っていくことが大切だとお伝えしていますが、なかなか、その一歩が踏み出せないものです。 それはなぜなのか? ということについて、今日はわたしの経験に基づいて、お伝えしたいと思います。何となく、いつかは自分の過去と向き合わなくてはいけない、そう思いながらも、先延ばしにしてきてしまった、というあなたに。

心理学のこと · 2019/10/22
この世に生きている限り、何らかの人間関係を持たないと生きていけません。相手が家族のような、親密なものから、1回限りのちょっとしたものまで、ありとあらゆるところに、人間関係が存在しています。 今日は、小手先のスキルではなくて、「そもそもなぜ人間関係は複雑になってしまうのか?」ということをお伝えします。 これを読んでいただくと、人間関係が嫌でたまらなくなった時に、ほっと一息つけるようになれると思います。

さらに表示する