本当のヨガとは?

Yogaって何? 〜ピラティスと何が違うの?〜

度々こんなご質問を受けることがあります。

 

ヨガって要するにストレッチ運動なんでしょ?

 

Chisako
Chisako
いいえ!全く別物です!

 

わたしがヨガを始めたばかりの頃(20年近く前ですが)と比べると、ヨガが身近になってきました。
当時はヨガをやっているのがまだ珍しかったですし、ちょっと「大丈夫?」みたいな印象を持たれたこともありました。

ところが、今でもヨガに対して本当に理解が進んでいるかというと、残念ながら疑問です。

ヨガというと、皆さん「あの、いろんなポーズをやるのよね」というイメージが一般的です。ストレッチとか、ピラティスとかと同じエクササイズのように思われていることが多いです。

でも、ヨガは単なるストレッチではありませんし、ピラティスとは全く別物です。

ここでは、ヨガと他のエクササイズとの違いをお伝えしながら、「じゃあ、ヨガって一体何?」ということをご紹介していきます。

ただ、ヨガとはとてもこんな限られた字数でお伝えできるものではないので、この記事ではとりあえず大まかにご理解いただけると嬉しいです。
もっと詳しいことについては、折々このブログで少しずつ発信していきます。

ヨガとは?

ヨガとは、ズバリ。
「人が苦しみから解放され、自由に幸せに生きるための知恵」
です。

ヨガは古代インダス文明時代に生まれたと考えられています。
モヘンジョ・ダロの遺跡からヨガの坐法で瞑想している人の姿が刻まれた印章が発掘されていますので、その時代にはすでにヨガが存在していたということです。

その当時からのいろいろな先人たちの「自由に幸せに生きる知恵」が集まって出来た集大成。
それがヨガなんです。

ですので、ヨガには「ヨーガ・スートラ」という経典や、祈りの言葉(マントラ)、哲学があります。
さらに日々の過ごし方や人間関係のあり方について道徳的な戒律や教えもあります。
こんなふうに、いろいろな領域をカバーしているのがヨガなんです。

だから、「ヨガとは?」との質問に一言で答えることは出来ないんです

太古の昔から、人は自由に幸せに生きるために、ありとあらゆる方法を模索してきました。
今のわたし達も、また同じ。
自由に幸せになりたいと思って、日々、試行錯誤をしているはずです。
そんな一人ひとりの知恵が蓄積されて出来上がったものがヨガなんです。

なので、単なるエクササイズとは全く別物だということは明らかですよね。

ヨガという言葉の意味

ヨガという言葉はサンスクリット語(古代インドで用いられた言語)です。
「つなぐ」「結ぶ」という意味があって、もともとは馬具の一種で、馬の口に含ませて荷車とつなぐための、主に金属製の棒状の道具のことを指していました。

これが転じて、心を身体を「つなぐ」「結ぶ」ことを意味するようになりました。
また、「心」という荒馬を乗りこなすために、馬の口に含ませる棒、つまり心を制御する道具という意味もあるようです。

自由で幸せになりたいのであれば、心と身体の調和が取れていることが大切ですよね。

心の中ではいろいろなイメージが湧いて、「あれもしたい、これもしたい」と思っているのに、身体の調子が悪くて思うように行動出来ないとイライラしたり、怒ったり、暴力的になったりします。
一方で、身体は「動きたい」とサインを送っているのに、心が「時間がない」「天気が悪いから」と無視し続けてしまうと、なんとなくスッキリしないプチ不調状態に陥ってしまったりします。
おそらく、こういうことは普段の日常生活でも経験されていますよね。

ヨガはこういう心と身体の調和、バランスを整えていくツールでもあるんです。

ヨガの目的とは?

ヨガは苦しみから解放されて幸せに自由になる方法を教えるもの。

ということはつまり、わたし達人間の心の在り方について、
そして、「自分とは何か?」についての教え
なんです。

心の在り方が全てを決める

「幸せ」「自由」「自分らしい」・・・
そう思えるのは、自分自身の心の有り様が全てを決めるといっても過言ではありませんよね。

一般的に、家族に恵まれ、仕事に恵まれ、それほど物質的に不自由しているわけでもない。
まあまあ健康だし、それなりに楽しめることもある。
けれども、どこか満たされない思いがずっとある・・・

そんなふうに苦しんでいる方も多いかと思います。

一方で大きな災害や病気を経験すると、ただ普通に健やかに暮らせること自体がとても貴重で素晴らしいものに思えるはずです。

その違いを生むのはやっぱり、「心の在り方」なんですよね。

もちろん、恵まれた環境にあれば、それだけ「自由で幸せ」だと感じる割合は増えてくることは間違いありません。
ところが、どれほど外的な環境に恵まれていたとしても、それだけで幸せになれるとは限りません。
(わたしの経験からも、傍目にはとても恵まれた環境にいるのに、カウンセリングが必要になる方が多くいらっしゃるのは事実です。)

自由に幸せに生きるために、目に見えない「心」を整えていく。

心の在り方を変化させていく。

なので、筋肉を鍛える目的のエクササイズや、リハビリを目的としたピラティスとは根本的に違うものです。

目に見えない心を扱うには?

自分の心を整えることが大切と言われても「???」ですよね。

ヨガでは、人間の心とは「酔っ払った猿」に例えられることもあるほど。
そのくらい、自分の心なのに、自分のものではないような、自分でもよく分からないものが心というものです。

常に動き回り、すぐに移り変わり、たった一瞬で好きだったものが大嫌いになったりするのが心。

そんな目に見えない心を自分の意思でコントロールしていくことは、とても難しいことです。
決して不可能なことではありませんが、相当な訓練が必要です。

そこで、いきなり目に見えないものをコントロールするよりも、目に見えるもの、つまり自分の身体をまずは正確にコントロールすることから練習していこう、ということで、現在のような、身体を動かすヨガ(ハタヨガ)が考え出されたんです。

なので、ヨガで一見変なポーズを取るのは、自分の身体を隅々まで、自分の意思で正確に動かせるようになるための練習なんです。
最終的に心を自分の意思でコントロール出来るようになるために。

そして心身一如。
身体と心はつながっていますから、身体をコントロールすることは、自然と心をコントロールすることにつながっていくのです。

ヨガでポーズを練習するのは、単なる筋力強化や姿勢の改善が目的ではありません。

もちろん、自由で幸せに生きるためには、身体が健康であり、痛みがないことも大切ではありますし、実際にヨガの学びのなかで身体を動かしていくと、身体も丈夫になり、健やかになっていきます。

けれども、身体の健康が最終的な目的ではありません。
その先に、自分の心を整えて鍛えていくという目的があるんです。

自分を知るための方法

「自由に幸せに」生きるためには、何より、自分のことが分かっていないといけないですよね。

「自分にとって何が幸せなのか?」
「自分にとって自由とはどういうことか?」
そこが分からなくて、あちこち動き回る心の在り方に翻弄されて右往左往してしまう。
いつも同じところをグルグル回っているような感じがする。

いつまでもそんな状況が続いているように思えると、本当に疲れ切ってしまいますね。

ですのでヨガは、自分を知る、自分に向き合っていくための方法でもあるんです。

自分の身体の感覚に集中して、身体を動かしていくと、自分の身体が今どういう状態か?
よく分かるようになります。

身体の感覚に向かうということは、自分の内面に向かうということ。
自分の今の心の在り方、そして、そのなかに今どんな感情があるのか?
普段は気づかなかった感情にも注意が向けられるようになります。

また、ちょっとスピリチュアル的な領域になるのですが。
「心」と「身体」以外の、「魂」または「真我」と言われる、自分自身の本質への気付きを得られる道でもあるんです。

人は心と身体だけから出来ているのではない

ヨガでは、人間は身体と心だけの存在ではないとされています。
「身体」「心」、そして「魂」から出来ていると考えられています。

「魂」というものを認めるかどうか?
それについては、その人それぞれの考え方があると思います。

でも、幸せや愛情を求め、その目的を達したとしても、どこか「心が満たされない」という感覚を持つことがあるのではないでしょうか。

「何かが足りない・・・」「何か違う・・・」
心の奥底では薄々気付いていながら、なかなかハッキリしない。
そんなふうな気持ちに陥ることもあるかもしれません。

また、身体も心も激しい感情に巻き込まれている渦中で、どこか、そういう自分を冷静に見つめている、もうひとりの自分がいるような感覚を持つ場合もあるのではないでしょうか。

それは、やはり「魂」とか「真我」いうべきもの、
身体と心を超える本来の自分自身といえるものが確かに存在するからなのではないでしょうか。
少なくとも、わたしはそう考えています。

カルマというもの

ヨガにはもうひとつ、大切な考え方があります。
それがカルマ、因果応報ということです。

ヨガでは、肉体は滅びても、魂は生まれ変わると考えられています。
なので、身体は魂の宿る入れ物、という捉え方をします。

カルマとは、「行い」「業」のことを言います。
わたし達の住むこの世界は原因と結果、作用と反作用の法則に支配されていて、今現在の自分は、過去の自分の行動や思考から形作られたものとされています。
そして、今現在の行動や思考が、自分の来世を形作ることになるのです。

なので一般的には、前世の悪い行いが、罰という形で今の自分の苦しみの原因になっている、という解釈がされることがよくあります。
だから今生でその償いをしなくてはいけない、とか。

でも、わたし自身は、カルマをそういうふうに捉えることには賛成しません。
そうそう単純なことではないと思うからです。

そもそも、人間の行為として、絶対的に「悪」というのは、殺人とか、窃盗とかに限られていて、人間の行為全てを善悪という基準だけで判断するのは難しいのではないか、と思うんです。

わたし達人間は、不完全な存在で、常に間違えたくなくても、間違いを犯します。
その時は自分で「良い」と判断して行ったことが、後々考え直すと、「あれは間違いだった」と後悔することもあります。
逆に、その時「失敗した!」と思ったことが、今では「結果的にそれで良かったんだ」と思えることもあるはずですよね。

けれども、この世に生まれたこと。
そして、いずれは死んでいくこと。
どんなに自分の心をコントロールしたところで、ずっと死なないでいることはできません。

そう考えると、カルマというもの、人間の心や身体を超えた法則のようなものは確かに存在していると思います。
ただ、単純に善悪がどうの、ではなくて、何かの巡り合わせがあって、今の自分がここにいる。
そして、また何かの巡り合わせがあって他の人達みんながここにいる。
そんなふうに、わたし自身は捉えています。

ちょっと話が脱線してしまったかもしれません・・・

なのでヨガには、「魂」の領域についても、自由で幸せになるための知恵がちゃんとあります。
人間の生きる意味を問うヨガ哲学があり、祈りの言葉があり、本来は霊的な訓練である瞑想があるんです。

ここに、ヨガが他のエクササイズとは別物だと言える最大の理由があるとわたしは考えています。

ヨガには道徳的な教えもあります

カルマの考え方とリンクしますが、やっぱり自由に幸せに生きるためには、人間として守らなくてはいけない規則というべきものが存在するんですよね。

なので、ヨガには道徳的な教えもあります。

それがヤーマ(禁忌、慎むべきこと、という意味)
およびニヤーマ(勧戒、守るべきこと、という意味)です。

具体的にはヤーマは以下の5項目です。

  1. 非暴力(暴力を振るわない)
  2. 正直(嘘をつかない)
  3. 不盗(人の物を盗まない)
  4. 禁欲(性的に溺れない)
  5. 不貪(貪欲にならない)

ごく当たり前のことかもしれませんが、罪を犯せば罰せられるからやってはいけない、ということではなくて、それよりも、自分自身の心を穏やかにするため必要な前提と捉える方が適切かな、と思います。

ニヤーマは次の5項目です。

  1. 清浄(心身を清潔に保つ)
  2. 知足(必要以上のものを求めない)
  3. 苦行(自分の成長のために修行する)
  4. 読誦(聖典を学ぶ)
  5. 祈念(常に聖なる存在を意識する)

こちらも、当たり前といえば、当たり前のことかもしれません。

どのような生き方を選んだとしても、健やかに生きるためのベースとなるもの。
そんなふうにわたしは考えています。

また、このヤマ・ニヤーマはヨガを学ぶうえでも、ベースとなる大切な教えでもあるんです。

ヨガの聖典「ヨーガ・スートラ」

キリスト教にとって聖書があるように、ヨガには「ヨーガ・スートラ」という聖典があります。
そこにはステップを踏んでヨガを学んでいく方法が書かれており、全部で8つの段階(ヨーガ8支則)があるとされています。

その第1段階と第2段階が先ほどご紹介したヤーマ、ニヤーマなんです。

ヨーガ・8支則

  1. ヤーマ
  2. ニヤーマ
  3. アーサナ(いわゆるポーズ)
  4. プラーナーヤーマ(呼吸法)
  5. プラティヤハーラ(制感、五感を内面に向かわせ心を鎮めること)
  6. ダーラーナ(精神集中)
  7. ディアーナ(瞑想)
  8. サマーディ(三昧、悟り)

一応、上から順番に訓練していくというのがヨーガの学び方とされています。
一般的にヨガを学ぶというのが、③アーサナに当たるもの。
つまり、ヨガを学ぶうえでは、①ヤーマ②ニヤーマの学びが前提となっているんです。

ヨーガ・スートラについては、日々学びながら習得していくものですし、とてもとても奥深いものなので、折にふれて続々この場で発信していきたいと思います。

ヨガでの瞑想について

最近、瞑想が脚光を浴びています。
海外で有名人がマインドフルネス瞑想をしていることをキッカケに、日本でも流行し始めたようですね。
実際、ネットなどでも、いろいろな瞑想法が紹介されています。

こうした昨今流行りの瞑想では、想像力が高まるとか、仕事の効率が良くなる、メンタルヘルスに良いなどの効果が挙げられています。
そういう目的で瞑想するのも悪いこととは思いませんが、本来のヨガの瞑想の目的は全く違います。

ヨガでの瞑想とは、悟りという最終的な目標に向かって、自分の今の状態を観察するための練習なんです。
心をある一点に集中し、心の働きを収めて、自分自身の本質を知っていくための訓練です。
(ヨガでも流派によって、さまざまな瞑想法がありますが。)

それに、上記のヨーガ・スートラでは、アーサナ、プラーナーヤーマより上位の訓練となっていることから分かるように、真に瞑想するには、身体が整っていること、そして呼吸をコントロールすることが出来ることが前提となっています。

なので、瞑想というのは、ただ一通りやり方を学べば出来るようになるといった、インスタントなものではないんです。

必要なステップを踏んで初めて可能になるもの。
本来の瞑想は、単にリラックスするとか、そういうレベルのものではありません。

なぜ苦しみが生まれるの?

ヨガでは、全ての苦しみは、自分自身の本当の姿を知らないという無知に原因があるとされています。
ヨガでは、人間は心と身体と魂(真我)から出来ていると考えられています。

世間一般の常識では、わたし達は心と身体から出来ていると考えられています。
心、特に頭で考えていることが全てであるかのような錯覚を抱いているんです。
ヴァーチャル・リアリティの世界が身近になって、一層その傾向が強くなっている用に感じますが。

ところが頭で考えていることには、実体はありません。
夢、幻、妄想の世界なんです。

一方、わたし達には物質である身体があります。
そして、どこか、心の奥底で、様々な感情に踊らされている自分の心を冷静に見ている自分自身がいることに何となく気付いているはずです。

なので、人間は頭、心だけの存在ではあり得ません
けれども、時として心は暴走して、自分自身の身体を痛めつけてしまう場合もあります。

そんな心の働きを穏やかに収めて、自分自身が身体・心そして魂を持った唯一の存在だということに気付いていくことが、自由に幸せに生きる秘訣なんですね。

人間の本質とは?

ヨガでは、魂は肉体から離れて生まれ変わると考えられています。
今、わたし達が人間として生きているのは、肉体という魂の入れ物に魂が宿っているから。

肉体は滅びても、魂は不変・不滅・不動。
永遠のものと考えられています。

そして本来、魂、つまり人間の本質は自由。
時間や空間の制限を受けることはないとされています。

なんとも壮大なものですよね。
こんなふうに、言葉だけで表現してしまうと、ただの机上の空論みたいに思えるかもしれません。

わたしも実際、ヨガを学んでいくなかで、「一体どういうことなんだろう?」と葛藤したこともありました。
でも、自分の身体と感覚に向き合っていくと、自分のなかで一瞬全てが静まり返るというか、なんとなく「あ、永遠ってこういうこと?」みたいに腑に落ちる感じがする瞬間が確かにありました。

ヨガの人間の本質についての教えは、頭だけで考えて理解するものではなくて、一歩ずつ、身体を通して落とし込み、日々の生活の泥臭さのなかからも学んでいくもの。

今ではそう思えるようになり、ヨガと出会う前に比べて、年を重ねるごとに、自由に生きやすくなっているのを感じられます。

「ヨガとは?」
という質問に、とにかく大まかにお伝えしてきました。

ヨガを学ぶ人はどんどん増えていて、さまざまなヨガの流派があって、いろいろな先生がいらっしゃいます。
なので、先生によって、ヨガに対する考え方や教え方は千差万別です。

ただ、どの先生が正しいとか、間違っているとか、いうことではないんです。
なぜなら、ヨガは、自分自身で経験したことしか、教えることができません。
教科書に書いてあることを伝えるということではないんです。

わたし達一人ひとり、身体も心も魂も違います。
ヨガから学ぶものも、また、一人ひとり違います。

本当のところ、ヨガの先生は、ヨガのやり方を教える事ができるだけなんです。
あなたの呼吸は、あなた自身にしかできないように、あなたのヨガは、あなただけが学べることなんです。

こうした奥深いヨガというものに、あなたもご興味を持ってくださったら嬉しいです。

ABOUT ME
アバター
Chisako
臨床心理士・公認心理師・ヨガインストラクター。元社労士。 こころとからだのことで悩んでいるあなたに、わたしの今までの学びがお役に立つと嬉しいです。 根が不器用な自分を認めて、ただシンプルに生きるのが信条。
定員2名までの超少人数制クラスで、伝統的なヨガを学んでみませんか?

本来のヨガの目的のひとつは、「心をケアすること」。
そんな伝統に立ち戻って、メンタルケア・ストレスケアとしてのヨガをマイペースで学べるクラスを開催しています。

臨床心理士としての経験から、からだを整えることで、心をケアし、ストレスを和らげる効果のある内容を厳選してお伝えします。

定員2名までの超少人数制。
そのため、いつも、あなたに合った特別な内容になります。

日曜クラス(午前・午後)、木曜クラス定期開催。

ご家族やお友達同士で2名のご参加ですと、あなたのご希望の日時でクラスを開催いたします。

詳細・お申し込みはこちらから